Previous month:
September 2007
Next month:
January 2010

オープンソースは「所有」に対する既成概念に相反する/Steven Weber "The Success of Open Source"

(日本語は後半にあります。Japanese follows.)

I've been in interested in open source for several years since the idea came up to me that operating system won't generate the most of profit in computer business any more. It has surely generated the most, at least in the era of Wintel domination. "Design Rules: The Power of Modularity" is my recommendation to understand the ancien regime.

Why the concept of open source attracts me? One of the books I bought game me an explanation. That is "The Success of Open Source" written by Steven Weber. (I guess it isn't translated in Japanese.) According to the book, Weber is a professor of political science at University of California, Berkeley. It may sound odd but the fact didn't surprise me that open source attracts not only technology professionals but a social science professor. He explains open source is quite different from the mechanism seen in our society. Let me quote several impressive sentences: (I capitalized some words for emphases)

Open source is an experiment in social organization around distinctive notion of property rights. Property is, of course, a complicated concept in any setting. For the moment, consider a core notion of property in a modern market economy as a benchmark. The most general definition of a property right is an enforceable claim that one individual has, to take actions in relation to other individuals regarding some "thing". Private property rests on the ability of the property holder to "alienate" (that is, trade, sell, lease, or otherwise transfer) the right to manage the "thing" or determine who can access it under EXCLUDE OTHERS from it according to terms that the owner specifies. (An omission) 
Open source radically inverts this core notion of property. Property in open source is configured fundamentally around the right to DISTRIBUTE, NOT THE RIGHT TO EXCLUDE. If that sentence still sounds awkward, it is a testimony to just how deeply embedded within our intuition the exclusion view of property really is. 

***

ここ数年、オープンソースに興味を持っていた。たぶん、そのきっかけは、OSがもはやコンピューター産業における利益の源泉ではなくなっていくだろう、と感じたからだと思う。これまでの時代は、OSが最もコンピューターアーキテクチャーの中で支配的なモジュールであったことは確かだけれども。(人はそれを「Wintel時代」と呼ぶ)これまでのコンピューターアーキテクチャーの「モジュール化」の歴史を学べる良書としては、「デザイン・ルール モジュール化パワー」をおすすめします。

なんでオープンソースが気になるのか、自分でもよく分からなくて困っていたんだけど、ある本を読んで、激しく腹落ちした。「あー、そうか、だから私はオープンソースが気になってたんだー」と。"The Success of Open Source" Steven Weberという、UCバークレーの政治学の先生が書いた本です。なんで政治学の先生が?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オープンソースという事象に見られる人々の行動は、従来世の中を動かすメカニズムとは大きく違う故に、彼も興味を持ったそうです。残念ながら、まだ日本語の翻訳は出てないようですが。印象的だった部分を下記に翻訳してみます。(原文は上記。太字は私が強調した箇所) 

オープンソースは、社会的組織における、所有権に関する典型的な理解に対する実験である。所有権とは、もちろん、どんな条件下においても複雑な概念である。しかし、近代経済における所有権というものが、どのように理解されているかを少し考えてみて欲しい。最も一般的な所有権の定義とは、ある個人が、ほかの個人との関係において、ある「物」について強制力をもった主張をすることである。私有財産というものは、他人に「譲る」(交換したり、売ったり、貸したり、さもなければ移転する)ことができるということの上に成り立っている。「物」を管理する、もしくは他人を排除する権利が、所有者の定める条件の上に成立する。(中略)
オープンソースは、所有権に対する根本的な理解をラジカルに、真逆のものへと変革する。オープンソースにおける「所有権」は、基本的に、配布する権利であり、他者に使わせない権利ではない。この文章がまだ不自然に聞こえるとしたら、それは、所有権の概念が、いかに私たちの本能において他者を排除することと一体化しているかの証拠というべきだろう。


The next-big-thing is CLOUD (English version)

(日本語バージョンはこちら

I read my past entries, especially about the forecast in the high-tech industry again today.

Many things happened during past 2 years. Now I'd like to examine my forecasts in the past and what I'm expecting now in computer-related and high-tech industry for the future.

* Habitat (and architecture of business) around computers is changing dramatically: that's what I blogged in December 2006. The next-big-thing is CLOUD COMPUTING, in my opinion, albeit I was not sure WHAT/HOW changed 3 years ago. The one I'll blog about is that.

* Importance of operational excellence increases in the competitive advantage for personal computer manufacturers. U.S. manufacturers had advantages in sales/support channels and those brands, but they depended on Asian EMSs for design and assembling, I wrote in September 2006. Netbooks sells well these days. Also, Taiwanese manufactures like Asus, Acer started to sell netbooks with their own brand names. This trend wii go on for a while. The only possible thing I can imagine is touch-screen technologies to add more value for personal computers.

* Would be the new lifestyle that consumers access/use any contents freely at anywhere, and any time. Apple was the most advanced to build a concrete and integrated business model in this field: I wrote in November 2006. The point was right. However, I didn't expect that iPhone became so disruptive not only for cell phone market but also for voice communication and gaming. Of course iPhone has an enormous impact on existing manufacturers (i.e. Nokia, Samsung, Palm, and RIM) of cell phone. There are an analyst predicts Apple sells 24 million iPhone units in 2009. By the way, 2008 sales of cell phone was 40 million units in Japan. Nowadays Japanese cell phone market looks like a garden enclosed with a wall... I guess Apple might redefine their whole product lineups including MacBook, iPod, and iPhone by tablets (rumored they would sell it soon). Or they have a brandnew concept I don't even imagine. Light Peak project (a plans for an interoperable standard which could handle massive amounts of data and replace the multitudinous connector types with a single connector, Engadget reported) will be a part of Apple's ambition. Apple is one of the most innovative companies redefining the market. I hope I will blog about Apple separately from this entry soon.

* Enterprise segment: First of all, Sun Microsystems would have a hard time, I forecasted 3 years ago. In fact, they were acquired by Oracle. This merger is a signal shows cloud computing rise to reconstruct hardware/software competitive landscape, in my understanding. However, I would like to express little optimism about Oracle's future. Their strategy had had a characteristic of mature companies to acquire applications to expand its product lineups and gain more from existing customers. Their growth of main products (DBMS) also became slower. That tendency becomes more clearer from their last financial report. Secondly, Hewlett-Packard. My analysis was they might strengthen (1) Servers and PCs, or (2) Software, and system integration. It would be reasonable to understand they chose (2) from the fact they merged EDS, one of the largest system integrators in U.S. However, I haven't analyzed how they have competed against IBM, the #1 system/software maker in the world.

* Software (my current business): It shows healthy growth according to Software Magazine (The Software 500, 2008 edition). The WW sales was $451.8 billion in 2008. Notable growth of Indian companies. It becomes more difficult to distinguish the border separating hardware from software in terms of business these days.

There are other leading companies in new computing era: Amazon, Google, Microsoft, and so on. In addition, I would like to cover Salesforce.com later. It would take time to write about more than 50 books I've bought (haven't finished all yet) ...


The next-big-thing is CLOUD

(English here)

久々に自分のブログを読み返した。

当時は全く想像してなかったことが起こったり、想像していたのとは規模は違ったけど方向性としてはまぁまぁ当たったり、ドンズバに当たったり、2年の間に色々あったなあ。過去の予測/分析の検証と、コンピューター・ハイテク業界の今後について、今思うところを書いておく。

  • コンピューターやソフトウェアは、生態系やアーキテクチャーが大きく変化する時期を迎えているのではないか、と、2006年12月に書いた。「どう」変わるかについては、当時は予想できなかったが、今は、おそらくクラウドコンピューティングだと思う。(クラウドは、ものすごく重要な概念だと思うので、別のエントリで改めて書く予定)
  • PC市場は、今後ますますオペレーション競争の様態を増すだろう。アジアでの設計/組立がメジャーになっており、米国メーカーの強みは顧客接点とブランドに絞られて来ていると、2006年9月に書いた。3年経った今、「ネットブック」が市場を席巻している。またこのカテゴリでは、Asusやエイサー等の台湾企業が自社ブランドで商品を販売し、急激に台頭した。この流れはしばらく続くだろう。PCが今後取りうる高付加価値化は、現時点ではタッチパネル技術ぐらいしか思いつかない。
  • 近未来(注:2009年9月現在では「既に起きている未来」と言ってもいいかもしれない)のライフスタイルは「どこでも・どんなデバイスでも、自由にコンテンツを表示・利用する」に向かう。また、この分野において、最も統合的なビジネスモデルを構築しているのはAppleだ、と2006年11月に書いた。この分析は大きくは当たっていたが、当時は、iPhoneがここまで破壊的イノベーションとなりうる存在になるとは、思っていなかった。まぁ、Appleが、そのうち携帯電話機を発売し、ポータブルコンピューターとしても活躍するかもしれない、とは薄々想像していたが、音声コミュニケーション(電話)、そしてゲーム産業にも相当インパクトがあるだろう端末としての売れ行きだけ考えてもすごくて、2009年は2,700万台出荷の予測なので、NokiaやSamsung, Palm, RIMといった既存プレイヤーに与えた影響は大だと思う。ちなみに、日本で販売された携帯電話は2008年度で4,000万台くらいらしい。。。同社は、今後更に、タブレットPC的な商品を出して電子ブックにも触手を伸ばすのでは、と噂されているが、MacBookやiPod、iPhoneといった同社の一連の商品ラインナップを整理する一環で、今は(私には)予想もできない、何か新しいコンセプトを打ち出してくるような気もする。IntelがAppleのリクエストに応えて高速かつ汎用的なインターフェースを開発するというLight Peak計画もその一部では。Appleに関しては、最近改めてイノベーターとして「市場(再)定義力」に注目しており、別途書こうと思っている。
  • エンタープライズ市場を考えると:まず、サーバ分野の企業では、Sun Microsystemsが厳しい、と予想していたが、同社はその後Oracleに買収されてしまった。これは、クラウドコンピューティングという、ハードウェア/ソフトウェアの市場構図の変化の一部と私はとらえている。だが、Sunを買ったOracleの今後に関しても、それほど楽観はできないと予想する。2006年9月時点で、Oracleは「既に主力のDB製品の成長が低下し、M&Aでアプリケーション製品ラインナップを拡張して既存顧客の囲い込み」という成熟企業の特徴を示していたが、その傾向が近年更に増しているからである。次に、Hewlett-Packardは、(1)サーバ、PC (2)ソフトウェア、システムインテグレーション のいずれかを強化してくるのではないかと分析していたが、2008年のEDS買収のように、経営資源の振り具合から推測するに、(2)に近づいていると思う。しかし、そこで生じるIBMとの競争をいかに戦っていくのかという点については、現時点では私はまだ分析できていない。それにしても、サーバ、アプリケーション、サービス、と、Oracle/hp/IBMのガチンコ勝負は明らかで、ハードウェア〜ソフトウェアの市場の切れ目が変化していることを強く感じる。
  • とは言え(私の現業でもある)ソフトウェア。日本市場は停滞気味?と感じることが多いが、少なくともアメリカ中心にみた場合、まだ健全に成長を続けており、2008年の市場規模は、$451.8 billion worldwideというのがSoftware Magazine (The Software 500)の分析。インド企業の成長が著しい。

大きな変化の渦の中には、まだ書き切れていない企業が色々ある。Amazon, Google, Microsoft, 等。ほかにも、Salesforce.comとか、そもそもブログでカバーし切れていない企業もあるが、またいずれ。

ちなみに、ブログを書いてなかった間に買った本・読んだ本は、Amazonで買ったものだけでも50冊くらいあるのだけど(カウントしてみてびっくり。。)その中でも、最も強く印象を受けたのは、「クラウドの衝撃」でした。


After a long vacation

(日本語は後半にあります。Japanese follows)

I've been absent from blogging for 2 years.

One of my friends through blog said a joke, "I was worried if you passed away cause you've not been blogging for a while."

If you blog or write something, you might understand how worse you feel in many ways when you CANNOT write anything than when you write a lot.

There're many possible reasons we cannot write anything: politics of organization/project we belong to, insufficient expression, serious theme (sometimes I don't know even whether I should write about that), and so on.

Recently I started to tweet cautiously. I've been silent for a while because of no chance/sense to start tweeting albeit the account has been created before.

Let me give you an example: I restarted to play catch and practice swing after 2 years I haven't even touched a glove. Now I'd love to play the game again from the heart when I'm with a scent of fresh grass on the ground. An absence of 2 years may make me think in such a way, albeit I'm nervous now.

A new effort is tweeting in English: I've been blogging only in Japanese before.

Another finding from 2-year absence is my passion about U.S. high-tech industry (for me, it's the most exciting place in the world since I've been in Silicon Valley). It's so fantastic people read my tweet living in various countries: U.S., U.K., Canada, India, Italy, Slovenia, Korea, etc, in addition to Japan.

I'm exciting to blog again about many pieces of a complex puzzle I've stored. Stay tuned if you like.

***

2年間もブログを書いていなかった。

ブログ繋がり?の知人には、一度、冗談半分で「ともみさん死んだのかと思ってたー」って言われた。

ブログや文章を書く人なら、分かってくれるんじゃないかと思うけれど、ばしばし書いているときより、「書けない」ときのほうが、色んな意味でものすごく苦しい。

色々なしがらみで、口を閉ざさざるを得なかったり、言いたいことがたくさんあるのに、口を開いてもうまく言葉にできなかったり、テーマが重たすぎて、どう書いたものか(そもそも書くべきかどうか)自分も分かんなかったり。

最近、おそるおそるTwitterを始めてみた。アカウント自体はかなり前に作っていたんだけど、どう呟いたものか、きっかけがなく、沈黙してたんだけど。

例えて言えば、2年近く、完全にバットとグローブを捨て、試合にも出ず、コートの外に出ていたのが、キャッチボールや素振りを再開してみた感じ。グランドの上を走ったり、芝の香りを感じていると、あー試合に出たいなーって思う。そして、こういう気持ちになるのも、一度故障して戦線を離脱してたからこそかもしれない。ちょっとまだ怖いけどね。

それと、Twitterでは新しいチャレンジもしている。「英語で」呟くことにした。私は、アメリカのハイテク業界のウォッチが好きなんだって、改めてよく分かった。ブログはこれまでずっと日本語メインだったんだけど、英語で呟いていると、アメリカはもちろん、イギリス、カナダ、インドなどの英語圏、はたまた、イタリア、スロベニア、韓国、など、色んな国の人がアクセスしてくれるチャンスがある。小さな井戸から大海原に漕ぎ出したようで、とてもわくわくする。もちろん、大海原の中で、自分がどこまで通用するのかはまだ分からないけれど。

書きたいことは色々頭の中に渦を巻いている。これから徐々にまた書いていこうと思う。とりあえず、再開宣言でした。

あと、祝☆再開ということで、ブログのドメインを取得しました。今後は、http://blog.vietmenlover.net/ でブックマーク等していただけるとうれしいです!