Previous month:
July 2006
Next month:
September 2006

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー」は、素直に観ると、中高生は「恋がしたい」と憧れに胸をときめかせ、その最中にいる人は、登場人物一人一人を自分の身の回りに当てはめちゃったり、その中の一人に感情移入して応援したくなり、その時期を過ぎた人は「いやー、こういう頃もあったねぇー」と、なんだか懐かしく心を震わせるような、そういう映画である。

この映画で描かれる人間関係を一言で言えば、「誰かを純粋に好きになって、その相手は別の人が好きで、でも諦められなくて、そして、恋愛とは別のところでお互いを認め合っていて、良いお友達で」という構図なのだが、この映画がこの甘酸っぱさを保てているのは、人生のある限定された時期・局面の中だからこそだと思うのは、きっと私が「その時期」を過ぎてしまった人だからなんだろう。

日本人が桜を愛でるのは散るからであり、いずれ散ると分かっていながらその刹那にのみ存在する不作為の美しさというのは、世阿弥が言うところの「時分の花なのだと思う。「ハチミツとクローバー」は、まさにその「時分の花」の映画であった。

それはさておき、私がこの映画で一番考えさせられたのは、「才能って何なんだろう」ということだった。

この映画の中心人物の一人・花本はぐみ(通称:はぐ)は美大入学当初から「天才少女」と注目され、指導教官には「あなたなら、オスロ国際ぐらい、その気になれば獲れる」と太鼓判を押されるほどの実力の持ち主である。ただ描きたいから、描きたいものを、描きたいように描く。

そんな風にスクスク育ってきたはぐが心惹かれるのは、自ら天才と称する森田である。はぐと森田は、純粋に「良い作品を作り出すことに対して真摯である」という点において、同じくらいの能力と想いの強さを持っており、お互いを認め合う「同志」である。二人とも、芸術にお金やビジネス、賞が絡んでくることに戸惑いを持っている。

(私は原作を読んでいないので、作者の意図や、この作品の世界観とは全然ズレているかもしれないが、)こういう風にお互い大事にする世界(それは別に同じ世界である必要はなく、一方は芸術家、一方はアスリートでも全然構わない)があって、そこに賭ける情熱や価値観という意味で認め合える男女がいたら、かなりの確率で二人は恋に落ちるだろう、と私は思う。なぜなら、男と女は惹かれ合うようにできているからだ。恋人として本当にうまく行くか、続くかどうかはまた別の問題だが、気持ちが転がり出してしまったら、もはや止める術はない。

#まぁ、この映画の中では、はぐと森田の関係の中にはそこまで明確な恋愛感情は存在していない(ように見える)ので、これは私の余計なお節介なのだが。

竹本君ははぐに恋をしている。そして、はぐを好きな自分と自覚するのと同じぐらい明確に、芸術において、自分ははぐと森田の間には入り込めない、ということを自覚している。これは辛いことだ。恋愛において「自分がどんなに好きでも、うまく行かないことがある」ということと、職業において「自分には敵わない才能がある」ということを、同時に突き付けられているからだ。自覚した上で、それでもはぐが好きだと告白し、自分が大好きなお城やお寺といった、古い日本の建築物と寄り添う道を、戸惑いながらも歩いていく。ここが竹本君の強さだと思う。

はぐの指導教官の幸田先生は言う。「このままだと、あなたは自分の才能の重さに押し潰される。それは内心、あなた自身も分かっているはずだ。そうやって消え去る才能を、私はこれまで何度も見てきた」藤原兄弟も言う。「これはビジネスなの。」中谷彰宏は言う。「一枚しか傑作がない画家を天才とは言わない。画廊をいっぱいにするぐらいの作品が揃っていて、初めて天才と呼ばれる」元讀賣ジャイアンツ監督 故・藤田元司は言う。「力が衰えてきたとき、才能が一番邪魔」コート・ドールのオーナーシェフ、斉須政雄は言う。「鋭さだけでは『やっといて』程度の役目しかもらえない。腕がいいのと料理界で生きのこる能力とは一体ではありません。才能をかつがれたままこの世界から去る姿も見てきた」

「並の天才」であれば、コンスタントに、一定のクオリティを安定して保ちつつ量産できること、そういう信頼を周囲から勝ち得ることが必要だ、ということなのだと思う。しかし、花本先生(はぐの親のイトコ)は、はぐや森田は「並の天才」が束縛されるそういう常識をぶち破れる才能の持ち主なのではないか?それを大人が束縛することは、むしろ二人の翼を奪うことにならないか?と考え、二人を温かく見守っている。

常識的に考えてありそうなシナリオ―原田未亡人が花本先生とくっ付いちゃったり、失恋の痛手に苦しむ真山を山田が慰めているうちに二人ができちゃったり、そんな中途半端な真山は真山じゃない、と思いつつ、山田も情が入ってしまってズルズル腐れ縁が続いてしまったり、あまりに破天荒でいい加減な森田との関係に傷つくはぐを包み込む、癒し系竹本君とはぐがくっ付いちゃったり、やっぱり別れたり、みんなもっと他の人と付き合って、「あの頃のピュアだった自分」を懐かしんだり―彼ら彼女らは、そういう「普通の大人」になっていくのかもしれないし、ならないのかもしれない。

全てはまだ、これから先の、未来の話だ。


日本の女性は美しい。

色々な人に、「日本に帰って来てカルチャーショックだったでしょう」「もう慣れた?」と聞かれる。もうだいぶ慣れたと思うのだけど、今回は、何が私にとってカルチャーショックだったかについて書こうと思う。

いや、なんたって改めて一番驚いたのは、日本の女性が美しいことだった。

夏の暑さにも負けずに、いつもきれいにお化粧(それも、しっかりフルメーク)しているし、レイヤーや微妙なパーマの入った髪をきちんとセットし、服も真新しくきちんとアイロンがあたっていて、可愛いバッグや日傘を手にし、華奢なミュールでスンナリと歩くその姿。

どうして顔に汗をかかないんだ!!お化粧崩れないんですか?どうやってその髪セットしてるんですか?エンゲル係数、じゃなくってアパレル係数どれぐらいですか?靴擦れとかしないんですか?

と、私の頭の中は疑問で一杯である。

そもそも、こういうことを書いてること自体、日本人女性としてダメダメな気もするが、

アメリカで私が見ていた限り、アメリカ人の女性はあんまりベースメークに凝らない。マスカラ・アイライン・アイシャドーで、きっちり目力を発揮している人は多い。あとは口紅。人によってはチークをつける人もいる。でも肌はナチュラル。ソバカスあっても気にしない。日本人みたいに、下地付けて、ファンデ塗って、お粉をはたいて…と凝ったベースメークをしているのはアジア系ではたまにいるけど、いわゆる白人ではあんまり見た事がない。髪の毛も、大人の女性だとパーマをかけてる人は多いけど、大学生ぐらいまでは、切りっぱなし洗いっぱなしの髪をポニーテイルに結わえてオシマイ、というスタイルが多い。服だって、仕事以外の時は年中Tシャツ&ジーパンぐらいの勢いだ。(日本に比べると季節感が弱いし、気候が年中温暖なので、衣替えの習慣があまりない)素足にサンダル、というスタイルはアメリカでも人気だが、日本人の華奢なヒールに比べると、どうも「つっかけ」に見えてしまう感は否めない。

でも、今の私は、スーツを着込み、Franklin Coveyの分厚い手帳や書類や本が入った重たーいビジネスバッグを背負って電車で会社に通わなければならない。しかも最近やたらと出張が多くて、ほぼ毎週のように大阪や博多に行っている。この2週間は3回出張、しかも休日出勤までしてしまった。言うまでもなく、西日本は東京より更に暑いのである。。。。

そんな中、最近立て続けに年上の男性に、「30upの既婚女性は、まだまだ若い、と思って緩みきってるから気を付けろ」と忠告され、さすがの私も重い腰を上げました。一般的な日本の女性ほどには全然なれていませんが。(まぁ、こんな人でもこれぐらいはがんばってるんだ、という一例として。)

  • 髪には椿油。お肌同様、髪も、乾燥しているときは水分を与えてから油分で蓋をして蒸発を防ぐと良いそうな(美容師さんに教わった)シャンプー前に椿油を髪にはたきこみ、蒸しタオルで20分ほどラップ。この後の工程は通常のシャンプーと同様。1週間に1回ぐらいでも髪がツヤツヤ、しっとり、天使の輪が復活します。
  • 洗顔にはフルーツ酸配合石鹸「クレンジングリサーチ ソープ」。びっくりするぐらい垢が取れます。テクノロジーの進歩はすごい!!私は美容モノに関して保守的で、ここ10年クリニークの石鹸を愛用していたのですが、たまには新しいものを試さないとイカンと思いました。お肌が弱い人はかゆくなることがあるそうなので、たまに使うと良いそうです。
  • 暑ーい日は、洗顔後、顔を氷で冷やして毛穴を引き締めてからお化粧。これで崩れにくくなるそうな。私はあまりに汗かきなので、効果はあんまり実感できてませんが。。。
  • 靴は歩きやすい紐靴にこだわる。アルバラデホ改めカルミナの 靴は、実は渡米前から愛用していた。アメリカではあまりにクラシックすぎて滅多に履かなかったが、このフィット感を知ったら病み付きになります。足に合っ た靴を履くとむくまないので、この靴を知ってから私の靴のサイズは小さくなりました。「足の幅が狭くて甲が薄い」「パンプス類はすぐ脱げてしまう」方には オススメです。色違い含め3足持ってます。ワンシーズン履き捨てにしても惜しくない靴も混ぜて、同じ靴を週1回履かないように気を付けるほど丁重に扱って います。(それぐらい大事なのだ)
  • 週に2回は寝る前にストレッチ(30分程度)去年、人間ドックに行ったら(会社の福利厚生で)「どこも悪いところはないけど、もう少し運動した方が良いですね」「お忙しいでしょうから、せめてストレッチでも」と、図解入りのストレッチ教本をいただいた。以後、ストレッチだけは続けてるのだけど、少なくとも「朝起きた時にズズーンと体が重い」みたいなことはなくなりました。冬は体が温まるし、夏も精神的にスッキリするので、寝つきが良くなります。もちろん、これだけで完全に肩凝り・腰痛を治せるわけではなく、「これ以上悪くしない」という感じですが。でも、出張疲れが溜まってる気がして昨日久しぶりにマッサージ屋さんに行ったら、セラピストさんに「体が柔らかい」と誉められた♪
  • とどめはメディキュット。帰宅後、スーツとパンストを脱いだら着用。むくみが取れて、すっきり足首になります。

・・・それにしても、書けば書くほどオタク臭が漂う。でも一体私は何のオタクなんだろう。

ところで、話は変わるが、靴の話を書いてて思い出した、もう一つのカルチャーショックがある。
飛行機に乗る前、手荷物検査で靴を脱ぐことは、2003年以降アメリカではフツー(デフォルト)だったので、帰国した時、「脱がなくていいの?」と、逆にすごく驚いた。最近は日本でも靴を脱がされることがあるのだが、前述のカルミナは金属の骨が入ってて必ず引っかかるので、私は言われる前にサッサと脱いでしまう。でも、私がパンスト1枚でぺたぺた歩いてゲートをくぐろうとすると(アメリカでは皆そうだ)、係員が慌ててスリッパを持って飛んできて、恭しく「どうぞ」と差し出してくれるのだ。靴を履こうとしたら靴べらを、履き終わったら恭しくスリッパを持って行ってくれる。いやー、別にここは靴屋じゃないんで、何もそこまでせんでも。。。。と思うのだけど、日本人ってどういう時でも丁寧で恭しい国民性なんですね。