Previous month:
February 2006
Next month:
April 2006

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同

私の家から最寄り駅までの道には、長い桜並木がある。

日本に帰ってくることになり、家を探している時、不動産屋さんに連れられて駅からテクテク歩きながら、「春はさぞ綺麗だろうなあ」と思った。ちなみに、この道沿いにはところどころ沈丁花も植わっていて、2週間前ぐらいからとても良い香りがしている。

そんなある雨の日、駅を降りたら、桜餅の匂いがした。
「もう春なんだなあ」と、なんだか嬉しくなった。

例年にない冬の寒さと通勤ラッシュに少しメゲていたのだが、寒さに震えた後だからこそ、余計に暖かい春を待ち焦がれる。四季の移り変わりの美しさと、それを愛でる心は、日本の素敵なところだと、改めて思う。

うちの近所の桜は、いよいよ蕾がほころび始めた。たった1週間の開花のために1年分エネルギーを蓄えている桜の木。その花を眺めるために、暑さ寒さを我慢して年中通勤する私。花は毎年咲くのに、こんなにワクワクするのはおかしい気もするけれど、誰の花でもない花を喜べる自分のことはちょっと好きだ。

少しでも長く咲いてくれるといいなあ!