Previous month:
November 2005
Next month:
January 2006

私の手帳と本棚

年末だからか、最近、手帳に関する本が目立ちますよね。
タイムキーピング&情報整理の基本かなあ、と、私も10月に手帳を買いました。
ちょっと奮発して、Franklin Coveyです。1日2ページ(見開き)のOriginalというデザインのリフィルを使っています。ちなみに、買いに行った時、私の隣でバインダーを選んでいた女性は、店員さんと「私、Franklin Coveyのバインダーもう3冊目なの」「あら、私もよ!」と言っていました。。。。一体何年使ってるんだ?!

しかし、ベストセラーは伊達ではなかった。既に2ヶ月ほど使っていますが、コレ良いです

  • Appointment Schedule(1時間毎の予定表):その日の作業予定/実績を管理するのに使う。自分が何にどれくらい時間を使っているのかや、生産性が把握できる。
  • Daily Task List:その日やらなければいけないTo Doを管理(やり忘れ・やり残しを防げる)以前は毎日裏紙に手書きしていたが、紙が散乱したり、追加・削除を繰り返すうちに分かりづらくなるので、長期的な管理が難しかった。
  • Daily Notes(1日1ページ):その日の印象的だった出来事・ミーティングのポイントをメモ。

最初は「1日に見開きって、量が多すぎて使わないかなぁ?」と思いましたが、予定の管理だけでなく、実績を振り返れるので、仕事の日記帳として非常に役に立ちます。自分のための日報・週報として私は使っています。ベストセラー「7つの習慣」では、見落とされがちな「緊急ではないが重要な仕事」を片付けていくことと、重要な仕事にリソースを集中することを説いています。緊急で重要な仕事は、誰でもすぐにやります。緊急でないが重要な仕事を前倒しでやっておくと、仕事に追い回されずに済むようになるという利点があるからです。

この手帳で自分の時間を記録し始めて、私は、いかに自分が重要でない仕事に時間を取られているか、優先順位付けを意識していなかったかを痛感させられました。

大きさはクラシックサイズ(5-1/2" x 8-1/2")がお勧めです。
これ以上小さいと書きこみづらいし、大きすぎると持ち運べないので。
膝の上に置いてノートを取ったり、資料を張ったり(レターサイズを半分に折ると丁度良い)フルに使っています。

10年分くらいのカレンダーや、「長期計画」を書き込めるシートもあって、将来のことを考えるのにも使えます。って、まるでGMO・熊谷社長の受け売りのようですが。

パソコン・PDAで管理するというのも試みたことはあるのですが、どうも私には紙の方が合うようです。

しかし、日米で値段があまりに違うのが納得行かない。アメリカでは、基本形リフィルが$27、バインダーも$100せずに可愛いデザインのが色々あるので手が出ますが、日本ではリフィルだけで4,500円もするのかあ。。。

あと、ペンはPilotのRetractable Ballpoint pen(0.7mm)を愛用しています。力を入れなくてもハッキリ書けて、線の太さ・鮮やかさも程よく、滅多にインクが詰まらない、クリップ部が金属なので折れないところが気に入っています。しかも安い。当然手帳にもこのペンを差していて、いつも持ち歩いています。私は左利きのため、鉛筆や水性ペンは横書きの際に手が汚れるので、普段はもっぱらボールペンで、他の筆記具は殆ど使いません。

とまあ、普段持ち歩く情報は整理されつつあるはずなので兎も角、今私が一番頭が痛いのは、本の整理です。雑誌は割り切って殆ど捨てたんですが、日本で倉庫に預けて行ったのがたぶん100冊前後(スライド式本棚2台+棚2つ、それでも溢れてる)、アメリカから船便で送った分が更に100冊ぐらい(殆どハードカバー)今週届くので。向こうにいたときはアパートに備え付けの棚があったので、収納の心配ナシに無節操に本を増やしてしまったツケが今ココに…。

  1. 収納力が高い
  2. できれば値段がそれほど高くない
  3. できれば柔軟にサイズが変えられる(増築可能)

そんな夢の本棚をご存知の方、ぜひ教えてください。

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
4761261439 熊谷正寿

かんき出版  2004-03-24
売り上げランキング : 4,218
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

UNIXベンダの競争優位性は変わったのだろうか

転勤早々、仕事にはまっています。
しかも、片道1時間の電車・バス通勤というのが久しぶりで、家も職場の場所も変わり、毎日ヘトヘトです(軟弱者)

クライアントが変わって、クライアントの業務が変わって、色々覚えることが多いと同時に、早速走り出さないとという瞬間は、大変なんだけどエキサイティング。ブログは今後もしばらく不定期更新かもしれませんが、新天地で、自分の考え方にも色々刺激があると思うので、これからが楽しみです。


さて、まだ自分でもうまく説明できないのだが、Sun Microsystemsはまだ底力があるのではないか、という気がして、Sun関連のニュースには注意している。最近気になった二つは、「電力消費を抑える新しいチップを開発した」ことと、「チップの設計情報に関するライセンスを他社がフリーで使えるようにした」こと。

興味深かったのは、CPUも「とにかく速く」だけを追求するのではなく、他の付加価値を求めるようになってきたのか?UNIXサーバ市場における競争のポイントが若干シフトしつつあるのだろうか?という点。消費電力に関しては、Intelがセントリーノの開発で既に同様のチャレンジに成功した実績があるが、それにしても、設計情報をオープンにするのはどう解釈すれば良いのか。もう少し考えてみたい。

平たく言うと、Sunが今後どうやって儲けるつもりなのかが激しく気になる。

Power-Hungry Computers Put Data Centers in Bind (11/14/05 Wall Street Journal)
http://online.wsj.com/article/SB113193708767796182.html?mod=home_page_one_us

今日のサーバは相当大飯食らいのようだ。世界最速のIBMマシン(2台)を持っている研究所の電気代は年10億円とのこと。(もしかしたら、こういう話はデータセンタ屋さんには常識かもしれないが)

Along the way, power consumption for servers surged, approaching 3,800 watts per square foot this year for the most compact systems from 250 watts per square foot in 1992, according to the American Society of Heating Refrigerating and Air-Conditioning Engineers. That's as much as 38 standard light bulbs, or more than half the power required by many homes.

Paul Otellini, Intel's chief executive, predicted in August that new chips his company is developing could save $1 billion in energy costs each year for every 100 million units sold.

The new pressures are transforming chip marketing and development plans. AMD, for example, is quick to note that its Opteron chip draws as much as 95 watts, compared with 150 watts for Intel's latest Xeon chips. Sun Microsystems Inc. today is announcing a new chip, code-named Niagara, that has eight processors but draws only about 70 watts.

New, more energy-efficient machines can't come fast enough for Denis Weber, executive director for information technology at Verizon Wireless. The company, a joint venture of Verizon Communications Inc. and Vodafone PLC, was forced to upgrade a data center in Ohio to bring in two megawatts of power, a nearly sevenfold increase from 1998, he says. The monthly power bill for the center rose to $40,000 over the same period from about $10,000.

Rackspace Ltd., a San Antonio service that manages servers for clients, has seen its power needs swell to eight megawatts from three megawatts in the past three years -- sending its monthly utility bill up roughly fivefold to nearly $300,000, says Paul Froutan, vice president of product engineering.

Nowhere is cooling a hotter topic than at Lawrence Livermore National Laboratory, where two of the most powerful computers in the world are used to simulate nuclear reactions. One system that uses conventional International Business Machines chips, dubbed ASCI Purple, draws more than seven megawatts of power. The first time it was switched on, the local utility called to ask what happened, lab officials say.

The second machine, dubbed BlueGene/L, is more than twice as fast for some applications. But it was designed with special low-powered IBM chips, so the system requires only 1.5 megawatts. Instead of drawing air from the room through side intakes, cold air is pushed up directly through the machine from the floor.

Even so, the lab's electrical bill for computers has swelled to more than $10 million a year from about $2 million several years ago, says Mike McCoy, its deputy associate director for computation. Without the radical design of the new system, the bill would be "way over $20 million, and that is completely hopeless," he says.

Sun Microsystems Shares New Chip Technology (12/1/05, Wall Street Journal)
http://online.wsj.com/search#SB113389849074115355

The UltraSparc T1 chip, used in new Sun servers announced Tuesday, has circuitry for eight microprocessors. Sun, which has previously helped other companies make original chip designs based on its technology, said it now also will share its own design along with rights to patents and other information that is normally kept confidential.

The database maker normally charges a license fee for each processor on a chip, which would sharply raise the cost of running multiple programs on T1-based machines. As part of a special promotion, Oracle said it would charge one-quarter of its licensee fee for each processor, indicating that customers could run eight copies of its software on a T1-based server but only be charged for two copies.


さらばシリコンバレー

12月1日付けで日本に転勤いたしました。

気持ちや身辺の整理で時間が掛かり、まだご挨拶できてない人がたくさんいて申し訳ありません。
約3年間シリコンバレーに住めて、色々な人にお会いでき、物事を見聞きでき、本当に幸せでした。
この見聞・経験を、今後の仕事に人生に活かしたいと思います。

この場をお借りして、皆様、本当にありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。