Previous month:
October 2005
Next month:
December 2005

UNIXベンダの現状

UNIXの起源は、AT&Tのベル研で開発されたオペレーティングシステムである。ベル研の知的財産開放義務のため、元々オープンソースのOSであり、それを各ベンダが独自の技術・工夫を凝らして性能・機能を改善して市場に投入した。UNIXは、スーパーコンピュータに対するローエンド破壊(※クレイトン・クリステンセン「イノベーションのジレンマ」で言われている、“既存企業にとってそれほど魅力的でない下位顧客層を奪って成長する”イノベーションのこと)だと言われている。

UNIXサーバのメジャープレイヤとしては、Sun Microsystems (Sun), Hewlett-Packard (hp), IBMあたりが挙げられると思うが、今回はSunとhpの現状についてまとめる。

結論としては、この2社の主力商品(UNIXサーバ)はコモディティ化・あるいは成熟化している可能性が高い。本当は、サーバにも色々なレベルがあるので、細かく見て行けば、減少しているものと成長しているものがあると思うが、詳細なデータは手に入らなかったので、今回は大きな流れで見て行く。

●Sun Microsystems

業績の方は、4年度連続赤字である。今日の業績の原因としてアニュアルレポートで説明されているのは、

  • 商品の値下がり
  • ローエンド商品(エントリーレベルサーバ)への顧客需要のシフト

(グラフでは表示していないが)Sunの粗利は4割ぐらいある。この数字はIBMと比べても悪くない。問題は、販売管理費と研究開発費が粗利を上回る額だということだろう。あえて乱暴な言い方をすれば、マーケティングやR&Dの効率が悪い(つまり、お金を掛けている割に儲けに繋がっていない)と言えるかもしれない。

1982年創業のSunは、2001年に売上高がピークを迎え、2002年以降は減少傾向にある。ということは、単純に考えると、主力商品のライフサイクルが成熟期後半に入っている可能性がある。



(※データは同社の2005年度アニュアルレポートによる)

Sunの今後は、Solarisの次のヒット商品を出せるかどうかに掛かっているのではないか。

Javaは当初(今も?)Fat server/Thin clientのコンセプトを目指していた。サーバ側にプログラムを置き、 実行する。これを突き詰めると、クライアント側はJava VMさえ動けば何でも良い。サーバ側は処理能力の高いSolarisを置いて、プログラムはJavaで書きましょう、サーバで実行させま しょう、というのがSunの売りなのだと思う。世界中の全てのPCにWindowsを載せるというMicrosoftの野望(途中で無理と気づいて.NETに転換したが)はクレイジーだが、Microsoftに真正面からがっぷり四つに組んで勝負を挑むSunも、相当クレイジーである。

※「クレイジー」は誉め言葉です。「自分が世界を変えるんだ」と思えるぐらいクレイジーな人が世界を変える(The people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do)というアップル宣言にちなんでます。

コンピューティングに対して、これだけのビジョンと遂行能力を持っている会社はあまりないと思う。しかし、Sunが何をどうやって儲けたいのか、Solarisの次のヒット商品がサーバOSであるべきなのかどうかは、まだ私にはよく分からない。

●Hewlett-Packard

hpについては以前も書いたことがある。hpのPCは、9割近くの製造工程はEMSへアウトソース、デザインにおいても1/4は台湾のEMSが手がけている等、かなりコモディティ化が進んでおり、hpとしての付加価値があまり発揮されていないので、当時から「この会社はこれからどうなるんだろうか?」と思っていた。

hpの業績を見ると、状況はかなりSunと似ている。大きな違いは、hpはプリンタ(というかカートリッジ?)は儲かっているということである。

改めてアニュアルレポートを読むと、PCやサーバ、プリンタ等で高い市場シェアを持っていることがアピールされている。しかしそれと同時に、厳しい価格競争に巻き込まれてマージンを失ったということが、繰り返し出てくる。これは、見方を変えると、hpの製品には付加価値がないということであろう。

製品自体がコモディティ化しても、DELLのように、受発注や組立・配送等のプロセス改善を付加価値にする会社もあるので、「製品がコモディティ化した会社は、即、付加価値を失う」とは言わない。実際、フィオリーナは、DEC/COMPAQを買収し、製品ラインを統合して更なる成長を目指していたのだろう。それは間違ってはいない。買収によって規模を拡大し、効率化によって収益を絞り出す経営戦略は、特に成熟した大企業にとっては「アリ」だろう。それより、むしろhpの業績の原因は、R&Dが「お荷物」化していることにある、というのが夫の指摘でもある。


(※データは2003年度、同社アニュアルレポートによる)

"Platform Leadership"

この本はとても面白かった。今日のIT業界リーダー企業がどのように今日のリーダーシップを確立したのかが分析されている(Intel, Microsoft, Cisco、あとPalmやNTTドコモも少し)。産業史としてもまとまっているので、IT・ハイテク業界で働く人は一度読んでおいて損はないと思う。

面白かったのだが、あえて難を言うと、この本に出てくる事例は、どれも「元々市場シェアが大きかった会社が自社のビジネス基盤を更に強化するために何をしたか」ばかりで、どうすれば市場シェアリーダーになれるかは書かれていない。そして、「成功した会社はこうでした」とは書かれているが、それが本当にKFSだったのかどうかについての検証は少ない。同一業界内で似たようなポジションにいて、成功した会社と失敗した会社の比較があると更に良かったと思う。

私のように感じた人は少なくなかったと見え、共著者の1人・クスマノがこの本の後に出した「ソフトウェア企業の競争戦略」では、これらの点はかなり意識されている。ソフトウェア業界の人には、「プラットフォーム・リーダーシップ」→「ソフトウェア企業の競争戦略」の順番で読むことをお勧めしたい。


多くの企業が、自社の技術・製品を業界標準・プラットフォームにしたいと考えている。プラットフォームとなった技術・製品は、他社の製品・サービス提供の基盤として使われるので、プラットフォーム提供企業は、業界を支配できる可能性があるからだ。ちなみに、本著における「プラットフォーム・リーダー」の定義は、その業界におけるイノベーションをドライブする企業のことである。

●プラットフォーム・リーダーの戦略を分析するフレームワーク "Four Levers"

  1. Scope of the firm; 自社内でどこまでやるのか、どこからは他社に補完製品(=プラットフォーム上で動くもの)として開発してくれるよう働きかけるのか。社内・社外で行なうことのバランスをいかに取るのか。
  2. Product technology (architecture, interfaces, intellectual propertiy); 自社製品がより広いアーキテクチャの一部である場合、モジュラリティの度合いをどのレベルにするのか。どこまでインターフェースを開示するのか、情報を公開するのか。
  3. Relationship with external complementors; プラットフォームリーダーもしくはwannabeと補完製品ベンダの関係はどこまで協力的なもの・競争的なものか。合意の形成、利害の対立をいかに扱うか。
  4. Internal organization; 社内外の対立を効率的にマネージするために組織構造をどうするか。"China Wall"を築いて、社内の交流・情報共有を防ぐ場合もあれば、異なる部門同士のコミュニケーションを促す場合もある。

●Intelの戦略

Intelのアプローチは非常に明快である。自社のコアビジネスをマイクロプロセッサと位置付け、PC業界全体を繁栄させるために(注:Intelのマイクロプロセッサ市場シェアは、当時既に8-9割あったそうだ)PCアーキテクチャ全体の中で性能のボトルネックを見つけ、自ら改善する。改善した技術や、部品間を接続するためのインターフェースをロイヤルティフリーで公開し、業界全体に採用されるように説得する、というものだ。

象徴的な言葉は、"what people want to do with the PC if it was as good as it could be(もしPCが本来のパフォーマンスを発揮できていたとしたら、人々はPCで何をしたいだろうか?)"である。Intelは、マイクロプロセッサの需要を喚起・拡大するための新しい使い方に関する研究を推し進めると共に、"what was preventing the industry from delivering on that goal (業界におけるゴール達成を妨げているのは何か?)"つまりPC業界全体の中で性能のボトルネックが何かを付きとめ(具体的に言うと、PCI BUSやUSB)自ら開発・改善した。

プラットフォーム・リーダーは、他社の開発するイノベーションに依存している。アーキテクチャをモジュール化すると、各部品が独立してイノベーションを追及することができるため、業界全体の進化の速度が速くなる。これが一般的なモジュール化のメリットだが、逆に言うと、全体の進化のスピードが誰にも管理されていない、つまり、自分1人が頑張っても全体の進化が遅ければ、自社製品の良さをアピールできない可能性があるということだ。Intelの場合もそうだった。Intelがどんなにマイクロプロセッサを速くしても、いや、速くすればするほど、従来のPCアーキテクチャでは、その性能を活かしきることが十分にできていなかった。

そこで、当時のCEO・グローブの肝入りで作られたのが、Intel Architecture Lab (IAL)である。この組織のミッションは、「オープンアーキテクチャのコンピュータ業界におけるアーキテクトになること」だった。

Intelの戦略は分かりやすく、ビジョナリーである。しかし、これは、競合他社も含めて同じ土俵に乗せた上で、技術で競争して勝ち切れる技術力と、業界の信頼を得ているIntelだからこそできたのではないか?とも思う。

●Microsoftの戦略

補完製品の売上高が占める割合が低いIntelに比べると、プラットフォーム(Windows)+補完製品(Office等)を両方自社内で開発しているMicrosoftの方が、戦略もマネジメントも複雑である。

最初は、プラットフォームを普及させるためには魅力的なアプリケーションが要るので、仕方なく自社内で補完製品を開発したのかもしれないが、今日では売上高の半分をOffice等のアプリケーション群が占めているので、Windowsクライアント/サーバと、OfficeシリーズはMicrosoftの二本の柱と言って良いだろう。

従って、Microsoftのプラットフォーム部門は、インターフェースやAPIを公開し、自社のプラットフォームを採用するデベロッパーを少しでも増やそうとする一方、少しでもインターフェースの外部開示を遅らせて自社内のアプリケーション部門にアドバンテージを与えようという誘惑・利害対立のバランスを取らなければならない。アプリケーション部門は、競合の補完製品に比べて少し良いか、最悪でも見劣りしないレベルの製品を、競合にそれほど遅れないタイミングで投入しなければならないし、「Windowsの、MS-Officeでしか使えない」独自機能の実装と、Appleプラットフォームでの動作保証というバランスを取らなければならない。社内・社外で組織的に対立する利害をいかにマネージするかがMicrosoftにとって大きな課題だった。

もう一つ、Microsoftに関して面白かったのは、インターネットを通じて、リモートコンピュータにホスティングされたアプリケーションを「サービス」としてWindowsアーキテクチャの一部をネットワーク上に拡張していこうという.NET構想は、既に2000年から5ヵ年計画で取組まれていた、という事実である。

これが事実であれば、Officeをホスティング型で提供するOffice.NETが今日登場しているのは、驚くに値しない。むしろ既定路線と言って良い。(まぁ、多少時期が遅くなったかもしれないが。)最近、ビル・ゲイツが役員・上級エンジニアに送ったメモが話題になっているようだが、内容としてはそれほど驚くようなものはなく、どれも5年前・10年前から予測して来たことを改めて確認し、これからも頑張ろう、と呼びかけているだけのように読めた。

※上記2つのリンクは、Google Newsで検索した時それと分かる形で一番最初に出てきた&ソースとして中身が一番良い(全文訳が出ている)と思ったので、たまたま両方Cnetになりました。別にCnetの報道姿勢に不満があるとか、そういう訳ではありませんのでご理解ください>>関係者さま

ただ、プラットフォームとしてのOS (Operating System)は転換期かもなと改めて思った。補完製品が増えるほどプラットフォームの魅力は増すが、補完製品がたくさんある場合、プラットフォームをアップグレードするのが大変になる。アップグレートしなければならない必要性・必然性がないとユーザ離れの原因ともなり兼ねない。ライセンスを買ってもらってオシマイ、のワンタイム・トランザクションでなく、使うたびに課金が発生する課金形態は、ベンダにとっても定期的継続的に売上が立つという面で魅力があるし、ビル・ゲイツ自身認めているように、ライセンス形態・ビジネスモデルの変化は、今後避けられない流れなのだろう。

#Microsoftのみならず、GoogleやeBayが通信事業に色気を見せてるのも、「毎月お金が入ってくるから」という理由もあるのでは?と思う私。アメリカの通信業界は全体で$400B/年ぐらいあるので。(対してGoogleの売上高は$5.25B/年)

…この本は、更にCisco等の話が続くのだが、書評はIntelとMicrosoftで十分長くなったので、この辺で。

私が買ったのは原著なので、この書評中の日本語は全て私が理解したところを翻訳・意訳したものです。用語などは日本語版と異なる可能性があります、という点は予めお断りしておきます。日本語版も出ています。

Platform Leadership: How Intel, Microsoft, and Cisco Drive Industry Innovation
1578515149 Annabelle Gawer Michael A. Cusumano

Harvard Business School Pr  2002-04-29
売り上げランキング : 83,094
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プラットフォーム・リーダーシップ―イノベーションを導く新しい経営戦略
4641162328 アナベル ガワー マイケル・A. クスマノ Annabelle Gawer

有斐閣  2005-03
売り上げランキング : 49,416
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Big Blueはどこへ行くのか

IBMは、かつて(今も?)世界最大のコンピュータメーカであり、今日では、世界最大級のサービスプロバイダである。IT業界の歴史を振り返り、また今後を予測する上で、この会社を抜きにしては語れないと思う。

IBMの2004年の売上高は、グローバルで約$98billion(≒10兆円)、そのうち48%を、IBM Global Business Servicesという名称で知られるコンサルティング・S部門があげている。

また、セグメント別に見ると、最も利益率が高いのはソフトウェア部門である(粗利率87.3%)




(※グラフの単位はmillion。数値は全てグローバル、同社のアニュアルレポートによる。)

ここで言う「ソフトウェア」に含まれるのは基本的にパッケージソフトウェアで、内訳は、OS、WebSphereシリーズ、 Lotus、Rationalグループ製品 等のライセンスとサポート料である。従って、顧客のニーズに応じて都度カスタムメイドされるソフトウェアは「サービス」部門の売上とされている。ソフトウェアの粗利率が、労働集約的なサービスや、部品等物理的なコストが常に掛かるハードウェアに比べて高いのは、「ソフトウェア企業の競争戦略」等でも述べられている通り、なるほど納得である。中でも、IBMのソフトウェア部門に対する投資のうち、9割がミドルウェア製品群=WebSphereが対象だそうだ。Middleware, Inc.と呼ばれる所以である。

典型的なFortune 1000企業では、平均してアプリケーションを48個、データベースを14個持っており、IT予算の7割はデータのインテグレーションに使われている(IDC)、または、35-40%のプログラミングコストは異なるデータベース・レガシーシステム間のデータのTransferに使われている(Gartner)と言われる今日、カスタム・ソリューションにミドルウェアは欠かせない要素なのだろう。

顧客に密着してコンサルティング・SIを売り、その過程で高収益商品・WebSphereを売り、更にサーバを売る、これが今日のIBMの勝ちパターンだと言える。

IBMのLinuxコミュニティへの貢献・サーバ仮想化技術への集中 といった取組みも、「サービス志向」な同社の戦略の一環として考えると、辻褄が合う。

(これは私見だが)独自OSによる「ベンダーロックイン」をやめ、OSはみんなで作る業界の共有財産という方向に最もうまくシフトしているのは、 IBMだと思う。手間とコストの掛かるOSの開発を自社1社でやらず、業界全体の標準としてサポートし、ハードウェア、もしくは、アプリケーションのレイヤで勝負しているのである。

    #夢のない意見だが、私自身は、OSや各種アプリケーションの「オープンソース化」というのは、バリューチェーン内で顧客が喜んでプレミアム価格を支払うポイントが変わってきただけなのではないか?という仮説を持っている。

また、これは未検証だが、サーバというのは、本体の値段よりも、買った後の手間の方がよほど大きいのではないだろうか。どこのDCのどのラックに置くんだ、電源は足りるのか、通信回線はどうする、管理はどこの誰がやるのか、等など。最近では、資産は極力リース等にして、重たい設備を購入しない企業も増えている。あくまで、顧客が求めているのは、サーバという箱そのものではなく、仕事を処理するための能力だと考えると、「処理能力をサービスとして買いたい、使った分だけ払いたい」ニーズは今後もますます高まるのではないか。

仮想化技術・オンデマンドコンピューティング等の切り口で見ると、このような顧客企業のニーズに最もうまく反応しているのもIBMだという印象を私は受けた(極めてザックリした定性的なリサーチの結果だが)。

同社メインフレームに対する依然高い顧客ロイヤルティ、市場シェアNo. 1のミドルウェア、そしてサービス・SI分野における強いプレゼンス等、IBMは、今日のIT業界において最も有力な企業の一つである。更に、プロダクトベースから、プロダクト+サービスのハイブリッド型ビジネスにうまく変化していること、また、オープンソース化のような業界の新しい波をうまく味方に付けていること等、今後も最も注目すべき企業の一つだと思っている。

弱みを探すと、サービス・SIに対する顧客満足度が高くない(可能性がある)ことだろうか。ユーザ企業の情報システム部門ごと買収し業務を請負うアウトソーシングの分野で、IBMはトップを走っているように思われたが、途中で契約が解除されたり、契約更新されないケースが散見される点が気になる。

Continue reading "Big Blueはどこへ行くのか" »


Paul McCartney Live @ HP Pavilion

行って良かったです。

この人は天才だ。
と思いました。

いやもう、元ビートルを生で見ているというだけでも感動でしたし、生でMaybe I'm Amazedが聴けただけで私は十分満足していたのですが。こんなに一杯やっちゃっていいんでしょうか。8時半頃に始まって、丸々3時間、30曲ぐらいぶっ続けで演奏してました。
しかもこのツアー、2ヵ月半掛けて、全米26箇所・37回を回ってるらしいです。。。。

ポール・マッカートニーって、確か今年62か63歳(だったはず)ですよ。。。。
プロミュージシャンとしても男としても現役。すごいですねえ。
殆ど半世紀近くスターでい続けている、その継続する努力には本当に頭が下がります。
やっぱり、プロとして体力って大事ですよね。我が身を振り返って反省させられました。
実物を見ての感想は、予想以上に背が高く、手足が長くてスラリとしていました。

ちなみに、やはり観客の年齢層は比較的高めでした。
'65年のビートルズ米国初上陸の際にミニスカートはいてキャーキャー金切り声をあげたり、ビートルズに憧れてロックバンドを組んだ年代の方々がマジョリティという感じでしょうか。あと目立ったのが、三世代で観に来ている方々(おじいちゃんおばあちゃん、パパママ、子ども達)です。ここまでファン層が広い歌手って、他にはあんまりいませんよね。

※以下は演奏した曲のリストなので、ネタバレしたくない人は見ないで下さい。
(興奮のあまりメモし忘れた曲、私が曲名を知らない曲は入ってません。。。。彼のソロ時代・Wings時代の曲をあまりよく知らないので。あと、メロディは知ってるけど曲名が分からないのも何曲かありました。ごめんなさい石投げないで下さい)

Continue reading "Paul McCartney Live @ HP Pavilion" »