北海道を活性化するのは農業クラスターか?
これからの農業に求められるものとは

Musical Baton

実は、もうだいぶ前にダンナにバトンを渡されたままモニョっていたら、Hattamさんにも指名されていることに気が付き。。。。今、出張中で、目を血走らせて仕事中なのですが(←大げさ)慌てて更新している次第です。きゃー、すいません。。。。。

Total volume of music files on my computer:(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量) 

685メガ。インターネットで音楽データを買う習慣がないので、全て手持ちのCDから入れた。ダンナが音オタなので、iPodに入れたくなったらダンナのPC借りればいいやあ、と思い今日に至る。

Song playing right now:(今聞いている曲)

曲は掛けてないけど、パームツリーの葉っぱが風に揺れる音…ってのはダメでしょうか?(フロリダにいるので)

The last CD I bought(最後に買ったCD)

                 
        ウォーキング・ダウン・レインヒル(CCCD)
        B00024ZAFEジェイク・シマブクロ
   
    ソニーミュージックエンタテインメント 2004-06-23
    売り上げランキング : 123
    おすすめ平均star
   
   
        Amazonで詳しく見る
byG-Tools

なんか夏が近づくとハワイアンを聴きたくなるのです。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

●カリフォルニア・ガールズ(ビーチ・ボーイズ)

1.村上春樹の小説で私が一番好きなのが「風の歌を聴け」だから。
2.村上春樹につられてこの曲を聴いた当時は、自分が「カリフォルニア・ガール」になろうとは思ってもいなかったから。

風の歌を聴け
    4062748703 村上 春樹

講談社  2004-09-15
売り上げランキング : 4,436
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●Berimbau/ビリンバウ(アストラッド・ジルベルト)

大学時代、2週間タイに旅行した際(注:一番の親友である女友達と)別の友達がボサノバのオススメの曲を色々テープに入れてくれた。その中の一曲。以来、ボサノバ大好きになって色々CDも買ったが、気が付くとこの曲に返って来る。アストラッド・ジルベルトがボサノバの「歌姫」と言われる所以は、そこはかとない哀愁を感じさせる涼しげな声だと思う。

ちなみに、一緒にタイに行った親友とは、お互いの結婚式でスピーチしてお互い泣くぐらい今でも仲良しだが、テープをくれた友達とは音信普通になってしまった。

ベスト・ヒッツ
  B0000563YG アストラッド・ジルベルト

ユニバーサルクラシック  1998-05-13
売り上げランキング : 7,032
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●威風堂々(エドガー)

私の高校の入学式と卒業式では、吹奏楽部がこの曲を演奏するのが伝統だった。普通の生徒は自分の入学式と卒業式しか参加しないので、そんなことに気が付いていた人はいなかったと思うが。後輩の演奏に送られて卒業した際、「この学校の生徒としてこの曲を聴くのはこれが最後だなあ」と感慨深かった。  

その次にこの曲を聞いたのは、イギリス映画「ブラス!」
  「ブラス!」の名シーンと言えば、ぶっ倒れた指揮者ダニー(ピート・ポスルスウェイト)の病室の下で仲間が演奏する「ダニー・ボーイ」を挙げる人が多いと思うが、実は私はラストシーンの「威風堂々」も同率一位にあげたいぐらい好きだ。「現実は色々厳しい。でも、胸を張って、自分にやれることを精一杯やろう」という決意や矜持、わずかな悲壮感を滲ませるポスルスウェイトの表情とこの曲を組合せるイギリス人のセンスが好きだ。

ブラス!
  B00005V1CP ユアン・マクレガー マーク・ハーマン ピート・ポスルスウェイト タラ・フィッツジェラルド

アミューズソフトエンタテインメント  2002-09-27
売り上げランキング : 7,734
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●ルイ・ブルジョワの賛歌による変奏曲(スミス)

高校時代、最後の吹奏楽コンクールで演奏したのがこの曲だった。
指揮者の先輩に「今年はA編成で出ようと思うんだけど」という衝撃の言葉と共に初めて聴かされた時は、「絶対ムリ」と思った記憶がある。それぐらい地区大会の壁が高く思えたし、「なんちゃってトランペッター」の高校生には難しい曲だった。しかも私にはソロが割り振られた。満員の聴衆の中で、他の部員が完全に沈黙する中、たった一人で吹けなんて考えただけで鳥肌モノだった。  

以来、コンクールが終わるまで、地獄の特訓(笑)が続いたのだが、コンクール本番の出番が終わった瞬間、ゴワーっと涙が出て止まらなくなった。本番での私の演奏はぶっちゃけた話失敗だったし、バンドとしての評価も銀賞に留まった。でも、もう、演奏の出来や結果がどうこうなんてどうでも良くなるというか、あの辛い練習をもうしなくて良いのかと思うと、嬉しいような寂しいような、色々な感情がごちゃ混ぜになって言葉にならなかった。

あまりに音が逞しかったからか、当時は「それは女の子が出す音じゃない」とまで言われてたのだが、泣くほど何かに集中するという経験を、17歳の夏にできて良かったなーと今になって懐かしく思う。

●組曲「惑星」より「木星」(ホルスト)

楽器をやっている人なら誰しも一つぐらいは「一度はこの曲をやってみたい」憧れの曲があると思うが、私にとっては、それが「木星」。初めて「木星」を聴いた時「かっこい~!!」と背筋がゾクゾクした記憶が。
しかも、そんなに好きだったのに、なぜか今手元には「惑星」のCDがない。
カラヤン&ベルリンフィルのCDジャケットに見覚えがあるので、一度は買ったと思うが、誰かに貸したままか、度重なる引越しのドサクサでどこかに行ってしまったか…。

Next five persons are... (次の5人の名前とブログURL)

すいません、今度までに考えておきます。
誰がもう書いてるか、まだ書いてないかも、分からないので。。。。(ていうか完全に乗り遅れてるな、トホホ)

Comments

The comments to this entry are closed.