課題意識を整理する
Built To Last

品質崩壊

日経ビジネス(2005年4月25日・5月2日合併号)の特集は「品質崩壊」でした。

以前紹介した、InformationWeekの記事で、GMでは自動車製造コストに占めるソフトウェアの割合が1/3にも達している、というのが、トヨタでも同じ状況だということが分かりました。

ただ、日経ビジネスで言われているように、ソフトウェアの品質管理が、プロジェクトの規模拡大に伴ってますます大変になっている、というのは理解・納得できるのですが、(くどいようですが)本当にソフトウェアの品質がハードウェアに比べて悪いのかどうかはやっぱりまだ腑に落ちません。ハード不良とソフトのそれとを比較可能なメトリックスは、何かあるのでしょうか???

ちなみに、自動車とソフトウェアの品質・生産性を比較するのであれば、

自動車というと製造工程に脚光が浴びがちなのだが、実はむしろ製品開発工程との比較において語るべきではないか

というダンナの意見に私は賛成です。自動車は、いったん仕様が決まったものを、鉄などのメディアに繰り返し落としこんでいく、量産のプロセスが競争力に与える影響が大きいという点で、ソフトウェアの製造とは違うと思うので。

以下は日経ビジネスのメモ。

  • 最新機種の携帯電話のプログラムは500万行。チェック項目は50万以上。1985年の第3次オンラインシステム(銀行)に匹敵する規模。ちなみに、iモード以前の1998年に比べると約12倍。
  • 「走るソフトの固まり」トヨタのハリヤーハイブリッドは1000万行以上のプログラムを搭載。同社最大。開発要員は約200人(最盛期)で2年間掛けて開発した。70~80年代にかけてエンジン制御が電子化されてから、自動車製造にソフトウェアが登場するようになった。
  • アメリカの部品サプライヤ・デルファイによると、1990年からの10年間でソフトは10倍に増え、2007年には33倍以上にまで膨れ上がると予想されている。
  • トヨタは2004年9月「JASPAR」を立ち上げ。業界ソフト開発のプラットフォームの共通化を狙う。
  • 下請構造の多階層化、そしていい加減な仕様、品質管理の甘さから、崩壊寸前の状態にある開発プロジェクトが多数。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name and email address are required. Email address will not be displayed with the comment.)