Previous month:
December 2004
Next month:
February 2005

IT海外アウトソーシングにおける中国の現状

The McKinsey Quarterly: Can China compete in IT services? http://www.mckinseyquarterly.com/article_page.aspx?ar=1556&L2=4&L3=115&srid=17&gp=0

要約すると、中国のソフトウェア産業は、中小企業向けのカスタムメイドの需要が多く、海外からの受注は10%(うち65%は付加価値の低い単純な開発)に留まっているためか、ソフトウェア会社の規模も小さく、まだまだFragmentedな市場とのこと。CMMI等の認定を受けている企業も少ないそうです。利益率も概して低く、海外アウトソーシング先としてはインドと比べるとまだ発展途上である、というのがMcKinseyの分析でした。

しかし、これを読んでて気になったのですが、日本のソフトウェア会社の水準は中国に比べるとどうなんでしょうね?

カスタムメイドの開発が多い、という点も指摘されていますが、それが産業が未熟なことの現れだとすると、日本なんか未だ完全に発展途上国だろう、という気もします。(一般的に、成熟して来た産業では商品は規格が落ち着き、コモディティ化してくることを考えると、パッケージ化が進んでいない=まだ未熟、という解釈なんでしょうか。。。)

The number of engineering graduates and software-applications professionals has grown considerably in recent years. Since 1997, annual revenues in software and IT services have risen by 42 percent a year, on average, reaching $6.8 billion in 2003.2 Moreover, the number of English-speaking graduates in the workforce—particularly crucial in software outsourcing—has doubled since 2000, to more than 24 million in 2004.

Revenues from IT services are rising, they are barely half of India's $12.7 billion a year. Growth is driven by domestic demand—most customers are small and midsize Chinese enterprises that want their software customized to their own needs. Moreover, the country's nascent foreign-software-outsourcing business accounts for just 10 percent of the industry's total revenue, compared with around 70 percent for India. Japanese customers, which seek mostly low-value application-development contracts rather than more lucrative ones for design, supply about 65 percent of this sector's income. And despite lower costs, operating margins in Chinese software-services companies average only 7 percent, compared with 11 percent at similar companies around the world

The top ten IT-services companies have only about a 20 percent share of the market, compared with the 45 percent commanded by India's top ten. Furthermore, China has about 8,000 software-services providers, and almost three-quarters of them have fewer than 50 employees. No company has emerged from this crowded pack; indeed, only 5 have more than 2,000 employees. India, on the other hand, has fewer than 3,000 software-services companies. Of these, at least 15 have more than 2,000 workers

Fragmentation exacerbates the Chinese industry's other problems, including weak process controls and product management. Only 6 of China's 30 largest software companies are certified at levels five or four of the capability-maturity model (CMM);3 by contrast, all of the top 30 Indian software companies have achieved these rankings.


PC製造業にみるバリューチェーンの変化と海外アウトソーシング

Carly Fiorina Fails At Hewlett-Packard After Betting Badly http://online.wsj.com/article/0,,SB110668698388435660,00.html?mod=todays_us_money_and_investing

PC事業ではDellに首位を奪われ、サーバではIBMにシェアを奪われ、現在はウォール街ではプリンタ以外の事業には価値がないと判断されている、厳しいhpの現状について書かれています。

Since the merger, H-P has lost market share and failed to revive its profit margins. It relinquished the No. 1 position in market share of personal computers last year to Dell. The Compaq merger hasn't helped in other areas either. In the 12 months ended in September, IBM and Dell gained share in network servers, while H-P fell to 26.6%, from 28.7%, Morgan Stanley says. H-P's operating margins in business services have fallen for two years.

The printer business should earn $1.09 a share in 2005 and deserves, Morgan Stanley argues, a P/E multiple comparable to the S&P 500's 18, a bit below rival Lexmark. Taking into account H-P's $2 a share in spare cash, that gets the value to about $20 a share. H-P's stock closed yesterday at $19.66 on the New York Stock Exchange.

In other words, the market continues to ascribe no value to the rest of H-P's business.

今日、儲かっているのはDellだけだといわれるほど、PCはコモディティ化の激しい商品ですが、その背景に目をやると、バリューチェーンのかなり上流までアウトソーシングされている現状が見えてきます。

Innovation Ships Out - outsourcing - impact on innovation and supply chains as big U.S. computer makers move R&D overseas - CIO Magazine Jan 15,2005
http://www.cio.com/archive/011505/outsourcing.html

Morgan Stanley estimates that the manufacturing for 89 percent of American brand-name laptops are outsourced today. What's more, many of these famous computer brand names don't even design their machines anymore. New models are chosen from a shelf of fully functioning prototypes offered up by a handful of Taiwanese companies. Quanta's ability to design and build new laptops from scratch has helped it gain a 25 percent share of all laptops sold in the United States.

Spending on R&D by U.S. companies declined more in 2002 (3.9 percent) than it has since the National Science Foundation began tracking the number in 1953. EMS companies have had to continually take on higher-order, more complex pieces of the electronics supply chain to keep their hollow-cheeked profit margins (overall industry average is 2 percent to 5 percent) from disappearing altogether. Design work typically has higher gross profit margins, between 8 percent and 11 percent, according to iSuppli's Pick.

But HP, for one, does try to limit the number of EMS companies it deals with, partly to shave costs, and also because the increased IT demands of monitoring the EMS's processes can be quite expensive for highly configurable products such as high-end servers. "If we want to create a build-to-order process for customers with an EMS, there is a lot more intimacy required in the information we exchange with the EMS,"

All but one (HP) declined to comment on the growing trend in outsourcing the "D" in R&D. At the same time, the EMS companies we spoke to denied they have any plans to expand into the "R" part of R&D or offer their own products for sale.

Expect double-digit growth — again
http://www.purchasing.com/article/CA497326.html

Despite slower growth rates in end-equipment markets and competition from original design manufacturers (ODMs), the electronics manufacturing services (EMS) industry will grow 13% to $123 billion in 2005. That greater dependence on EMS providers will translate into strong growth in 2005. "We are expecting 12% to 15% growth in 2005," says Sachs.

By contrast, ODMs—which are mostly in Asia and typically build cell phones, low-end computers and some consumer electronics equipment — will design a product (using its own design or intellectual property (IP) that it has licensed), manufacture the product, label it with the OEM's name and ship it to the OEM's customers. Although the ODM market is smaller than the EMS market, its growth rate is higher. For instance in 2004, the EMS industry grew 20% to $109 billon. ODM revenue grew 25% to $59 billion. For 2003 to 2008, ODM is projected to have a compound annual growth rate of 19.5%, compared to the 14.6% projected compound annual growth for EMS providers over the same timeframe.

このように、9割近く製造工程そのものはEMSへアウトソースされ、しかも、デザインにおいても、1/4は台湾のEMSが手がけたものだと聞くと、hpブランドのPCを買うのが馬鹿馬鹿しいというか、中国のLenovoへ売却されたことで話題を呼んだIBMのThinkpadも、心配するほど品質は落ちなかったりして…などと思いました。

エンジニアの仕事が少しずつ賃金の安い国へと徐々にシフトしているマクロなトレンド自体を否定するのは難しいでしょうが、アメリカの他の土地よりも労働者当たりの付加価値が高いシリコンバレーでは、下記のような調査も発表されています。今後、生活コストの高い国で生きていく・更なる自分の市場価値アップを狙うのであれば、参考になるかもしれません。

Study Finds Offshoring Less Important Than Other Factors to Job Creation and Destruction in Bay Area
http://www.jointventure.org/inthenews/pressreleases/globalsiliconvalley/071504offshoringstudy.html

The study also identified five competitive capabilities that investors and business leaders believe are key strengths of the Bay Area. In addition to three capabilities traditionally linked to the region (entrepreneurship/new business creation, research in advanced technologies and bringing new concepts to market), the analysis pointed to two other competitive capabilities not always in the spotlight:

  • Cross-disciplinary research - coordinating and integrating advanced learning across industries and scientific disciplines.
  • Global integrated management - managing and coordinating globally distributed business functions and networks.
  • Jobs aligned with these five regional strengths, such as high-level research, strategic marketing and global business and headquarter management activities, are expected to experience solid growth.

チャンスは、分野や国といった「ボーダー」、異なるもの同士が交わるところにあると言えそうです。

hpからPC市場首位の座を奪ったDellの強みは、BTOのプロセス(オペレーション能力並びにIT等も含めた「システム」)を自前で作り上げた点であるというのはよく指摘されることですが、そのDellは、某ERPパッケージ(おそらく文面から推察するにSAP?)のインプリを途中で断念し、インハウスで開発しているようです。

What It's Like To Pull The Plug On A Multimillion-Dollar Project
http://www.cio.com/archive/121504/cio_project.html

ビジネスにおけるソフトウェア(とりわけパッケージソフトウェア)についても、いま「モジュール化」を読みながら色々考えています。 もう少し考えが整理できたら書こうと思います。余談ですが、この本むちゃくちゃ面白いです。アドレナリンが出て寝れなくなります。

モジュール化―新しい産業アーキテクチャの本質
青木 昌彦 安藤 晴彦

東洋経済新報社 2002-02
売り上げランキング 14,699
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

20世紀最強のCEO (ジャック・ウェルチの講演を聞いた夜)

昨日、ジャック・ウェルチに会った(というか見た)話をアップしたのですが、ふと「ぼくは見ておこう」の松原耕二さんみたいに「私の目を通したウェルチ像」を書くとしたらどんなかなあ、と思ったら、むくむくイメージが湧きあがってきたので、追加しておきます。

「20世紀最強のCEO」

カリフォルニアよりも遥かに生温い空気のオーランドは、ゆったりと降り立つ者を迎えてくれる。アロハシャツに短パン姿の観光客も目立つ週末のリゾートホテルのロビーに、一人ビジネスモードのスーツ姿の若い東洋人女性はよほど目立つのか、人懐っこいタクシーの運転手も同情気味だ。

「日曜の夜なのに若いレディが仕事とは、日本人は本当に勤勉だね」

パームツリーに囲まれ、周囲を威圧するかのように聳え立つ豪華なタワーのホテルが会場だ。ロビーへ着くと、スーツやジャケット、パンプスに身を固めた華やかなビジネスパーソン達がスターバックスの紙コップを片手に、そこかしこで談笑している。外国生まれの住民が3割にものぼるシリコンバレーから来た私がこの手のカンファレンスに来ると、最初の数時間は、白人比率の高さに慣れるのにいつも戸惑う。

しかし今日は他の参加者がどうのと気にする余裕は、あんまりない。
「20世紀最高の経営者」と名高いジャック・ウェルチの基調講演があるのだ。

1981年にGEのCEOに就任。「リストラクチャリング」「集中と選択」ウェルチの経営手法に端を発した経営コンセプトはあまりに有名だが、彼のやり方は当時の常識から著しく外れていたため、「中性子ジャック」と非難されたそうだ。しかし彼は信念を曲げなかった。そして、彼の21年間の「治世」で、GEのマーケットバリューは$13Billionから$500Billionに成長した。

ロイヤルブルーの緞帳が張り巡らされたステージはやや暗く、主役の登場を静かに待っている。会場の真ん中よりやや右側、前から5列目ほどに席を取って、やけに喉に引っかかるコーヒーを飲み干しながら、講演に備えてノートを広げる。隣の人は、会場で販売されているウェルチ本をめくっている。逆側のお隣は、連れ立ってきた同僚と「あのウェルチの講演だからね」と語り合っている。

きっかり時間通りに、他愛のない囀るような世間話の声が静かに満ちる会場に、プロフェッショナルの男性アナウンスが、礼儀正しくカンファレンスの開始と司会者の登場を告げた。

黒いスーツに身を包んだ、いかにもパワフルな女性エグゼクティブというカンファレンス・チェアがステージに駆けあがった。ダイナミックな動作にユーモアたっぷり、自信を持ってステージをリードする彼女も、今日最初のメイン・スピーカーを紹介するときはさすがにやや緊張気味に、その経歴を噛んで含めるように紹介する。

"Ladies and gentlemen, please welcome Mr. Jack Welch...."

お決まりのスピーカー紹介の最後の台詞が終わるか終わらぬかのうちに、興奮気味の聴衆は大きな拍手を送り始める。
すぐに、ホストを務めるゲイリー・ハメルがエレガントに登壇する。
聴衆の数パーセントが、「ウェルチはまだ?」というように隣人に囁き始め、首を振り始めた次の瞬間、主役がゆっくりと緞帳の影から現れた。ネイビーのジャケットにブルーのシャツ、ダークグレーのスラックスにブラウンの靴という一部の隙もないいでたちで、満員の聴衆が拍手を続ける中、ゆっくりと椅子に腰を下ろした。彼の椅子の足許に1ダースほど用意されたミネラルウォーターのボトルが、彼の熱っぽいスピーチを予想させる。

雑誌のカバー等を飾る写真は何度も見たことがあるが、目の前に現れたウェルチは、少なくともフィジカルに「タフガイ」という印象を与えない小柄で細身であった。そして紛れもなく70歳だった。しかし、膝に肘を付き、顔の前で組んだ手が非常に大きい。何より、会場をぐるりと見渡したその鋭い眼光は、本の表紙にあるようなにこやかさは微塵もなく、古代ローマの将軍もかくやと思うほどの厳しさと、その引き締まった顎のラインに妥協を許さない意思の強さを感じさせた。

ハメルの問いかけに応える形で彼が話し始めた途端、ステージに当たっていた眩しいほどのライトの温度と明るさが急激に下がったような錯覚をおぼえた。彼自身が、ライトの熱を飲み込むほどのオーラを放っていたからだ。

彼の物腰はストレートで明快で、語彙もシンプルで、Non-nativeの私にすら容易に聞き取れるものだった。音だけを追うと「べらんめえ」口調のようにも聞こえるフランクな物言いである。講演が進むに連れ、彼の大きな手がそれ自体がまるで意思を持っているかのように動き出し、最初はしわがれてやや弱かった声がだんだん張りを取り戻して行った。

  • Energy, Execution
  • 書類を山ほど作ったり、人の仕事を見張るのが管理職の仕事ではない。どんなに組織が大きくとも、全ての人と触れ合うのがリーダーの仕事である。
  • 上司に決定やアイディアを求めるな。どうすべきかは現場が知っている
  • data keeperより利益を生む人を高く評価し、最も優れた人材はサービスに配置せよ。
  • ビジネスで成功したいなら統計のエキスパートになるとよい。
  • 諦めるな

彼の話はどれもとてもシンプルだ。過去読んだことのあるウェルチ本に書かれてあるようなことばかりだった。逆に言えば、それだけ、確信を持って語り続けてきた言葉だからこそ本に残っているのだろう。しかし、唱えるだけで叶う「魔法のおまじない」を求めて来た人は、おそらく肩透かしを食らったことだろう。講演の最後には、会場から次々に質問が寄せられた。身じろぎも瞬きもせず、質問者を食い入るように見つめるウェルチの眼差しは、講演全体を通じて最も鋭いものだったと言ってよい。彼は、一つ一つの質問に誤魔化したりせず正直に答えていった。

数千人に1時間少しという短い時間で、「マネジメントとは何か」自分の信念を伝える、というミッションを仕上げ、笑顔で手を振りながらステージを降りるウェルチを、満員の聴衆はスタンディング・オベーションで送った。たった1時間の講演ですら、これまでこのように鋭い眼光を見たことがないというほどの凄みを持って応えようとする真剣さに私は驚いた。彼は、講演という仕事を引き受けた以上、聴衆が求めるものを伝える最善の努力をすることが聴衆とGEに対する自分の責任であり、自分が伝えたい言葉は決してエンターテインメントなどではないと考えていたのだろう。

同じような迫力を持って周囲を圧倒する超一流のCEOについての逸話を、ある日本人起業家から聞いたことがある。そのCEOとは、アンディ・グローブ。講演のためにスタッフが連日徹夜で作り上げた資料を、ビリビリと無言のうちにスタッフの目の前で破り捨て、自分で一から書き上げたそうだ。

ノブリース・オブリージュ、高貴な者の義務、という言葉がある。
高い身分に生まれた者だからこそ人に奉仕せよという昔の貴族の心構えや責任を示す。
貴族という社会的身分は今日存在しない(少なくともアメリカには)が、リーダーの立場で組織の運命を方向付ける者に課せられる責任の重さは依然存在する。言い換えれば、義務や使命に殉じようとする徳の高さや信念に妥協しない厳しさを持つ人こそが、リーダーとして周りに認められていくと、考えることもできるかもしれない。

ステージを降りた彼の目には、もう険しさはなかった。殺気すら感じさせた講演中と、旧友に会ったかのように気さくに握手やサインに応じる愛嬌の対比の激しさに、再び圧倒させられた。君主として最も避けるべきは「軽蔑と憎悪」であるとマキャベリは説いたが、彼の部下は、上司を深く畏怖し、敬愛したであろう。

GE帝国を統べる者としての彼がどのようだったのか、部外者は数多くのウェルチ本から推察するしかない。しかし、少なくとも、この日1時間と少しという短い話で数千人の胸に鮮やかな軌跡を残し、会場を静かに立ち去ったウェルチの伸びた背筋には、「20世紀最高ののCEO」の講演に対する聴衆の期待に殉じようとする、静かな、しかし揺るぎのない覚悟が滲んでいた。


時を告げるのではなく、時計を作るということ

先日、JTPAのセミナに参加して、パネリストの皆さんのスタンスの違いを興味深く(あるところには共感し、あるところは自分とは違って、参考になった)伺いました。とりわけ、「コメンタリーよりもファクトに興味がある」千賀さんはサイエンティストなんだなあ~と感じたのですが、私は、事象を引き起こした人間の「動機」「人間の間の相互作用」にもかなり興味があります。なので、一流の人の話を聞く、あるいは一流の人の自叙伝を読むのはけっこう好きです。一流の人というのは、いるだけで周りを元気付けるし、その場の空気を変えるパワーがあると思うので。

そんな私が一番最近会った(というか見た)超一流の人は、元GEのCEO, ジャック・ウェルチです。

最初、彼がステージに出てきたときは、案外小柄なことと、70歳という年齢を感じましたが、話し始めた途端ほとばしるエネルギーに、「これがGE帝国を作り上げた人のカリスマというものか」と圧倒されました。(GEは、少なくとも20世紀のアメリカでは最も長く繁栄した大企業であるという点で極めて特異な会社だと私は思っています)

彼の話は、内容も、表現も、極めてシンプルでした。

リーダーとして大切なのは「相手に理解させる」ことだとすれば、彼のコミュニケーション能力は、大規模な事業会社のトップマネジメントとしては「極めて高い」と言えると思います。

彼の話で最も印象的だったのは、観客からの「リーダーを育てることが大事なのはよく分かるが、どうやって理想的な候補(確か"ideal candidate"という言葉を使った)を見つければ良いのか?」という質問に対するウェルチの回答「その人を見れば、リーダーの資質があるかどうかはすぐ分かる。本能的なもので、理屈ではない。」「結果だけ出せば良いと言うものではない。GEは大きな会 社。個人の力でその場限りで成功するやり方ではなく、GEのやり方・理念に従って行動することが大事。チームで物事を成し遂げなければならない。」

一人の人間ができることには、限界があります。

時を告げる能力があれば、みんなに感謝されるが、その人が死んでしまえばそれまで。カリスマを持った個人の時代を超えて繁栄し続ける、優れた組織を作ることというのは、永遠に時を告げ続ける時計を作ることだ、という喩えがありますが(ビジョナリー・カンパニー)、今日高く評価されるウェルチの経営手腕、GE復活の舞台裏には、彼が見出した多くの優れたリーダー達がいたのでしょう。

実は私は以前にも、GEやウェルチの研究本を色々読んだことがあったのですが、やっぱり実物はすごかった(笑)です。ありきたりな感想で恐縮ですが。ただ、数少ない経験からの勝手な意見ですが、会って話を聞いて「すごかった~!」と思える人とそうでない人、っていると思うので、ウェルチは会って感激するタイプの人だった(少なくとも私にとっては)んだな、ということが分かっていただければ。比較的短い話だったのですが、決断力・実行力・信念の強さなど、これまで読んだどのウェルチ本よりも、色々な示唆を受け、大いにインスパイアされました。

おそらくリーダーシップの発揮の仕方は人それぞれだと思いますし、自分自身を振り返っても、まだ考えている途中ですが、今の私にはとても響くところがあったので、ブログに書いておきます。


変貌しつつあるメディア(糸井重里氏インタビュー)

日経ビジネスExpressの糸井重里氏インタビューが面白かったです。

小鳥(a little bird): 糸井重里氏インタビュー
http://coolsummer.typepad.com/kotori/2005/01/post_1.html からリンクを辿りました。

これまであんまりブログに書いたことはなかったのですが、私は ほぼ日刊イトイ新聞(以下「ほぼ日」)がかなり好きです。

しかし、なんでほぼ日が好きなのか、説明するのが難しい。
留学中、図書館のパソコンでほぼ日を読んでいる私があまりに楽しそうだったらしく、韓国人の友達に「今読んでいるのはどういうサイトか」と聞かれた時、説明するのが難しかったのと同じくらい

ほぼ日について思うところを、出会いに遡って書いてみます。

私が最初にほぼ日を読み始めたのは、2000年頃でした。 何か仕事で調べものをしていて、ほぼ日のどこかのページがヒットして、読みに行ったのがキッカケでした。その後、継続して読むようになったのは、そのときついでに他のページも目的なくダラダラ読んでてたまたま出くわした、「ガンジーさん」が気に入ったからでした。

気に入った、というと、軽く聞こえて、失礼かもしれない。
末期癌を患っている、当時65歳だったある男性が、糸井重里にメールを出し、男性が家族宛に送っている「親戚新聞」を、ほぼ日にも掲載することになった、というのが発端だったので。ガンジーさんの文章はところどころ間違っていたり、読みづらかったり、いわゆる従来のメディアに出ているような洗練されたものではなかった。でも、リアルすぎて怖いぐらいで、「目が離せなかった」というのが正直なところだと思います。

ほぼ日には、他にもたくさん私の好きな連載があります。
天才の歌は、いつもポップソング」で引用させていただいた「坊さん」、読むたびにビジネスについて考える心がむくむく刺激される「感心力がビジネスを変える!」、モノ書きとしてのスタンスに共感を覚え、こういう風に物事を見れる人でありたいと感じさせてくれた「ぼくは見ておこう」、ブログではあんまり取り上げたことがないけれど、広い意味で「どう生きるか」みたいな私の考え方に強い影響を与えている「大人の小論文教室

実は、ブログを読み始めたとき、私が真っ先に思ったのは「これってほぼ日みたいだな」でした。
純粋にフィードバックを目的としたフィードバックの送り先が、実はサイト全体でメールアドレス一つしかなく、読者のお便りは全て編集局の目と手を経て再び読者に提示される、というところは世の大半のブログとは少し違うけれど、究極的には糸井重里という1人の人の価値観で良いと思えるものを共有できる人達が、それぞれ個人として読者に語り掛けているというところ(と、少なくとも一読者には見える)は、ブログが流行っているところに通じると思います。

既存メディアの「プロの技」を否定するわけでは、決してないのです。

自分でブログを通じて情報発信を始めてみて、世界を圧倒的な量と質で切り取って見せる従来のメディアのすごさが分かった面も、私にはあります。同時に、ものすごく限定された範囲でなら、個人にこそ本当に生々しい一次情報というものが存在していることもあるのだということも、強く感じています。

矛盾したことを言っている気もしますが、今の私の結論としては、ほぼ日やブログの流行が示唆しているのは、プロによる情報や知識のヒエラルキーの崩壊というよりは、「情報が編集され、受け手に提示される、これまでの世の中の枠組み」が制度疲労を起こしていて、また新しい秩序が世界に生まれる、今は過渡期にあるんじゃないか、ということです。

それは、全く新しい物が、これまでとは全く懸け離れたところから突如として現れる、というよりは、イギリスの作家・Jeffrey Archerの小説(タイトルは思い出せない)のラストシーンにあったように、リヤカー一台から八百屋を始めて徐々にのし上がり、超大型流通企業に育てた男が、大社長になった後、社員や家族に隠れてコッソリとリヤカーを引っ張って、再び市井で活き活きと商いをするみたいなのが、私の持っているイメージには近いです。

アメリカでは、Do-Not-Call registryに約半数の世帯が登録し、デジタル・ビデオ・レコーダーを持つ世帯の7割はCMを見ない時代になり、メディアやダイレクトマーケティングが変貌を遂げようとしています。そういう過渡期に、たとえ個人で細々と運営する辺境のブログであっても、同じ時代の空気を体験できているのは幸せなことです。

・・・ブログ始めたときは、正直、そんなこと考えもしなかったけれど。


2004年、米国労働市場は復調

昨年2月には、2001年3月以来、景気は回復しているが職はなおも減り続けている、というセンセーショナルな発表があったりしましたが、

    The U.S. economy created 2.23 million jobs in 2004, the largest annual gain since 1999 and a number that nearly reverses the 2.4 million jobs lost from 2001 to 2003.

2004年、アメリカでは、2001~2003年の間に失われた雇用と、ほぼ同レベルの新規雇用が創出された、とのことです。もはや景気回復と雇用の増加というトラディショナルな経済モデルが通用しないのではないか、等と悲観的な声も聞かれましたが、まだまだ米国内での雇用創出力には力強いものがあるようです。

更に、1月10日付のWall Street Journalには、興味深いコメントが紹介されていました。

    American Economic Association in Philadelphia, Fed Vice Chairman Roger Ferguson noted that very few of the people who have propped out of the labor force in the past few years say they can't find work. Rather, most have done so to attend school, because they are ill or disabled, or because they retired. (中略) Mr. Ferguson also said the bulk of the jobs loss earlier this decade appears to have been caused by industrial restructuring, which will make it harder for those laid off to find new work. (中略) He said this could depress the supply of readily available workers since "workers displaced by restructuring must either search longer to find a job appropriate for their skills, or seek retaining."

過去数年間、労働市場からドロップアウトしたものの、仕事が見つけられなかった、という訴えは殆どなく、ドロップアウトした殆どの人が、学校に通ったり、病気などで働けない状態だったり、単純にリタイアしていた、とAmerican Economic AssociationのVice Chairmanによって指摘されています。

「なぁんだ~。そうならそうと、もう少し早く言ってくれれば良かったのに~」と思わず胸をなでおろしましたが、よく思うと、雇用が回復してからのこのコメントって、後出しじゃんけんのような気も。

但し、業界別で見ると明暗はあるようです。最も多くの雇用を創出したのはProfessional/business services (+546,000)。ヘルスケア、台風などの影響で特需を生んだ建設業界が続いているようです。逆に、非耐久消費財メーカーやテレコム、エンターテインメント業界では、2-3万の雇用が減っています。とりわけ、製造業では雇用の減少が止まらないようですが、産業構造自体が、だんだん第2次産業から第3次産業へシフトしているマクロなトレンドの現れと言えるのかもしれません。

    The manufacturing sector added 76,000 new jobs, although this gain hardly makes up for the 3.3 million jobs jost in this industry in 1998 to 2003.

Continue reading "2004年、米国労働市場は復調" »


Banffのおいしいレストラン

今回の旅行はご飯もおいしかったです!私が気に入ったBanffダウンタウンのお店を紹介します。ただ、私は家では和食ばっかりだし、外食はベト麺とかB級グルメが多いので(笑)、その辺は割り引いた上で参考にしてください。それと、カナダは(アメリカと比べると)全体的に味付けが優しめなので、日本人の口に合う店が多いと思います。

     
  1. Bumper's
  2. 直前までレイクタホへ行っていて余裕がなく、食べるものに関しては全然事前の情報収集はしていなかったのですが、どういうスキー場があるのか調べていたとき見つけた、200 Snow Reportsという面白くてためになるホームページで紹介されていた「正気の沙汰でないバカでかいステーキ」があまりに印象的だったため、バンパーズへ行くことにしました。

    「バンパーズに来ないとバンフに来たとは言えない (If you haven't been to Bumper's...You haven't been to Banff!) 」と宣伝しているこのレストラン、日本語メニューが置いてあるほど日本人観光客にも人気があるようです。実際、ステーキは他の店でも食べたけど、ここのほうがおいしかったです。ただし、量はやはり半端じゃないので、一般的な日本人なら一番小さいサイズで十分だと思います。また、ここはあくまでステーキの店(割かしリーズナブルだし)なので、その他の料理には期待せず、黙って肉を食べたほうが良いと思います。

     
  3. Maple Leaf Grille & Spirits
  4. 「やっぱりカナダに来たからカナダ料理の店に行きたいよねえ」と。インテリアには丸太が使われていたり、スタッフも親切で、Cozyな雰囲気だし、適当に賑やかなので、わいわい家族やグループで行くのに良いと思います。入り口に飾られている直径2メートルのクリスマスリースや、店内の壁に張り巡らされている針葉樹の枝やドライフルーツの飾りつけは本物でした。ここでは自家製スモークハムを使ったChef's SaladやGrilled Salmonをいただきました。バターを使った味付けはアッサリ目で、地物の鮭はさすがにおいしかったです。デザートはMaple syrupを使ったアイスクリームがオススメです。

     
  5. Evergreen
  6. カナダ最後の夜はやっぱりカナダ料理。でも昨日も食べたので、少し目先を変えて「Contemporary Canadian」にしました。私は、今回の旅行の中ではここが一番のお気に入りです。モッツアレラとトマトのサラダは、トマトがオーブンでグリルしてあって、味が濃縮されていてとても良かったし、ポークチョップは、お肉もさることながら、付け合わせがかぼちゃ、しかもコロッケ。凝ってるんだけど味付けはオーソドックスで、普通においしかったです。ここのお野菜は、素材の味が濃厚に出ていて、おいしくてほっとします。デザートは、スペシャルのチョコレートケーキをオーダーしました。外はカリカリ、中はとろっと溶けているタイプのケーキでしたが、オーブンで焼かれた香ばしいほろ苦さがたまりません。(ちなみに、合間にマンダリンのソルベ、最後にチョコレートをサービスしてくれるので、甘い物がそんなに好きでない人はデザートを頼まなくても良いかも)サービスしてくれた人は、前はレイクタホ近くのレストランにいたとのこと。私達も、丁度クリスマスにタホへ行ったばかりだったので、タホとバンフのスキー場談義でも盛り上がりました。きっとスキー好きが高じてカナダに来てしまったんだろうなあ、と思いつつ、サービスは気持ち良かったです。

    しかし、味良し・雰囲気良し・サービス良しなのに(値段は今回の中で一番高かったけど)全然お客が入っていないのは心配です。ホテル内のレストランなので潰れはしないだろうと思いますが。難を言えば、ここのホテルは車が止めづらく、Banff Aveの一番賑やかなエリアから歩くと少し遠い(外が激寒なので)という、立地の問題はあるかもしれませんが。。。でも、行って後悔はしないと思うので、一度くらいはちょっとロマンチックなディナーを、という時には是非お立ち寄りください!オススメです!

昼は基本的に「ゲレ食」だったので、特筆すべきものはありませんが、朝しか行かなかったけどまた行きたいな、と思ったのは、Coyotes Deli & Grill (206 Caribou St) です。パンと卵とポテトとソーセージ、パンケーキ、みたいな極めてベーシックなメニューなのにどれもおいしかったので。朝食はオープンキッチンで作ってるのが見れるのも良いです。


Banff、行ってきました!

明けましておめでとうございます。2005年もどうぞ宜しくお願いいたします。

新年最初のエントリが遊び系で恐縮ですが、お正月休みに、カナディアンロッキー(Banff)でスキーしてきましたのでその報告を。
カナダと言えばWhistlerの方がスキーでは有名なのですが、値段を比べるとBanffのほうがリーズナブルだったのと、どうせカナダに行くなら一度はカナディアンロッキーが見てみたい、と思ったので。

私は北海道で育ったため、「パウダースノーじゃないと楽しくないよお」等と、本州の人が聞いたら張り倒されそうな贅沢スキーヤー(好きなスキー場は札幌国際とルスツ、そしてキロロ)だったりします。そんなワガママな私にとっても、Banffはサイコーのスキー天国でした。

ダイヤモンドダストが煌めく青空の向こうにそびえるロッキー山脈の眺めは、天国の上みたいにきれいだし、広くて人がいないので、ゲレンデ独り占めして好き勝手に滑れるし、雪質はふわっふわ(広告ではパウダースノーの上を行く「シャンパンスノー」と言っていた)だし。

但し、むちゃくちゃ寒いのでホッカイロは必需品ですし、凍傷を起こさないよう、顔はちゃんと覆ったほうが良いです。気温は昼でもマイナス20度(C)以下でした。私達は初めて冬のカナダに行ったので、「こんなもんか」と思っていたんですが、地元の人も「いや~、ここ2-3日は特に寒いよね(*)」と言っていたので、普段はもう少しあったかいかもしれませんが

(*) 私の脳内では、なぜか勝手に北海道弁に変換され、「なんまらしばれるべさぁ」と聞こえていました。英語なのに....ちなみに、スキートップシーズンの今の北海道でも、ニセコやルスツはマイナス3度もあります。だからホントに、髪の毛も凍るぐらい寒かったです。

中3日あったので、BanffのBig Threeと言われる3箇所のスキー場へ行ってきました。それぞれ異なる特色があって、それぞれ良さがありましたが、200 Snow Reportsというホームページがとても参考になるので、詳細はそちらに譲ります。ただ、そちらのページの作者さんはSAJ1級ホルダーの上級者なので、北海道生まれの北海道育ちのくせにSAJ3級どまりの軟弱スキーヤーの私の方が、「自分のレベルに近いかも」という方には参考になるかなと思います。

今回はBanffではなく、そこから車で15分ほど離れたCanmoreという街に泊まり、移動はレンタカーを利用していました。ただ、個人的には、Banffダウンタウンにある宿に泊まったほうが良いと思います。カナダまで来てセコイこと言うなよ、と言われそうですが、Banffは国立公園なので、入園には1日$14掛かるし、スキー場もBanffからのほうが近いし、お店も多く、結局食事もBanffでとることが多かったので。

     
  1. Norquay (ノーケイ)
  2. 到着翌日(スキー初日)は、あいにく曇り空で気温もかなり低め。移動疲れもあったので、一番近いノーケイに行くことにしました。出足が遅れたので、1日券ではなく、2時間以上から30分単位で指定可能な「時間券」を利用しました。短時間でパッと滑りたい人にはありがたいシステムです。

    3-4本のリフトが麓から出ていて、頂上まで上る、というシンプルな作りですが、向かって左側はコブだらけ、上級者コースしかありません。左から2本目が一番簡単で初心者が多いので、自信がない人はここがオススメ。中級者は、右の2本、とりわけ一番右が滑りやすいと思います。その二つも、一番上は結構斜度がきつかったです。人が少ないし、雪質が良いので、滑りづらくはありませんが、初日から「カナダのスキー場はレベルが高い」ことを見せ付けられました。ただ、カナダで滑っている人は、当然上手な人が多いのですが、それほどうまくなくても、「細かいこと気にするなよ」と言わんばかりに、転んでもへっぴり腰でも、フォームを気にせず、とっても楽しそうに歓声を上げながらガンガンスピードを出して滑っています。それでも広いので、人とぶつかる心配はなさそうです。

         
       
    ▲ランドル山  
         
    ▲ダイヤモンドダストが煌めく(寒い)  
  3. Lake Louise (レイク・ルイーズ)
  4. 2日目は少し青空が見えていたので、眺めが良いと評判のレイク・ルイーズへ。ここは駐車場もむちゃくちゃ広く、人も多めです。ログハウス風の可愛らしいロッジを抜けると、思わず歓声を上げたくなるような綺麗なゲレンデが!

    ここは山頂へ行くには、大きく縦に2本リフトを乗り継ぎます。腕に(足に?)自信がない人は、下のリフトだけにしておくほうが良いと思います。山頂へは、Summit PlatterとTop of The Worldという二つのリフトが出ています。一番標高が高いのはSummit Platterですが、股の間に棒を挟んでフリスビーみたいなお皿にお尻を乗っけて進む式のリフトで、「これでここを登るの?!」と目を疑いたくなる急斜面を豪快に登るので、乗ってる間にちょっと疲れます。そして、眺めはTop of the Worldのほうが断然良いです。また、裏山もあり、Summit PlatterあるいはTop of The Worldを降りて反対方向へ向かうことができます。ただし裏山は上級コースが多く、中級以下の人はずっとひたすら迂回路みたいなコースしかないので、私達は今回は行きませんでした。

    麓にいると空には雲が掛かっているのですが、リフトに乗っているうちに、雲の上に出て行くので、晴れた山頂から眼下に雲を見下ろすことができました。「世界の天辺」というか、浮世を離れて「あの世」に来てしまったのではないかと思うほどの美しさでした。あまりにすごい景色だったので、ムービーを写してきました。5Mぐらいあるのでそのうち消しますが「見てやっても良い」という奇特な方は、こちらをクリックしてご覧ください。

    ここも、特に上のリフトは雪質が最高でした。また、中盤には、広々としていて斜度がそれほどきつくないところがあり、まさに「ゲレンデ独り占め」状態!自由に滑ることができてとても気持ちが良いです。


    ▲ロッジ前からゲレンデを眺める
     
    ▲誰もいないゲレンデ

    ▲迎春 明けましておめでとうございます(2005年元旦)  
  5. Sunshine Village
  6. 最後はSunshine Villageへ。この日が一番天気が良く気温も高かったように思います。麓にはゴンドラの駅だけがあって、イキナリ2000メートルぐらい登ります。Goat's Eyeという山へ行く場合は途中下車してリフトを乗り継ぎ、残り二つの山(LookoutとStandish)へ行くには、ゴンドラを終着駅まで乗ります。

    Goat's Eyeが最も標高が高く(2,800m)、眺めも良いそうですが、ここは殆どコブコブで垂直に落ちてきそうな上級者コースばかりで、中級者は迂回路しかないとのことだったので、今回は行きませんでした。また、Standishが一番斜度がゆるいので、初心者には良いと思いますが、そのため一番混んでいるし(と言っても日本のスキー場に比べれば混んでいるうちには入らないであろう。リフト待ち5分程度とか、そういうレベル。他は全く行列の必要がない)、コースの上の方がやや狭くて窮屈な感じがしました。一番気に入ったLookoutは、やはり2,700メートルぐらいの標高があり、2本のリフトを乗り継いで一番上まで行きます。見渡す限りの大雪原。回りの山々を見渡すのは本当に気持ちが良く、「カナディアンロッキーサイコー!」と叫びたくなります。しかもコースがどこまでも広がっています。上のリフトは、斜面の真ん中がコブに覆われていて「こんなにコブができるまで、どれだけの人が滑ったのか…」と、思わず先人の苦労に思いを馳せたくなるほど、縦にも横にも長くコブの波が広がっているのですが、コブがない端っこの斜面だけでも、お釣りが来るぐらい広いのだから、Sunshine Village恐るべしです。

           
       
    ▲どこまでも広がるゲレンデ  
         
    ▲文字通りの独り占め  
     
    ▲あ~楽しかった!(3日分の疲れが出てややヨレヨレの後姿)

3箇所回ってみて、滑って一番楽しかったのはSunshine Village, 眺めがサイコーだったのは Lake Louiseです。この2箇所は広いしコースも長く(最大滑降距離8キロとか…体力のない私にはとても一気に全部は滑れない)、全部滑りきれなかったぐらいなので、次回行くチャンスがあればまた行きたいです。Norquayも良かったですが、初心者が滑りやすいところが少ないので、時間が限られているとか(他のスキー場は半日券か一日券、あるいは複数日券しかない)ガンガン急斜面を攻めたい上級者にはオススメです。

余談ですが、私が普段乗っている自分の板は10年以上前のニシザワ(但しレディースでは当時の最上位機種)です。カービングが流行る前なので、自分の身長より長いんですが、かなり乗り慣れているので愛着もあるし、特に不満もありませんでした。が、カナダに来て、それより古そうなウェアを着ているカナダ人ですら、板はかなり新しく、皆短いカービングの板だというのに軽い衝撃を受け、実は最終日は、レンタルして初めてカービングに乗りました。そして「新しいスキーはこんなにラクに回せるのか」と2度目の衝撃を受けました。私はずっと古いスキースタイル、自分の足でしっかり蹴り込んで板をたわませ、その反撥で回転する、という滑り方をしていたので、それに比べると、カービングは、乗っているだけで回転するし、簡単に切れ上がるのでエッヂングのことを考えなくてもアイスバーンでよろけることもないので。勿論、古い板でも本当にうまい人なら全く問題ないかと思いますが、別にプロを目指しているわけでもないんだし、今や バッチテストも皆カービングで受験する時代なのですから、意地を張らずに技術の進歩を受け容れよう、と思いました。ただ、アメリカ・カナダのスキー場はレンタルが安く($30前後)割と新しくて良い道具を貸してくれるので、それほど頻繁に乗らない人なら、敢えて自分の道具を買わず、レンタルで十分だと思います。

カナダでスキーに来ているのは、圧倒的に上手な人が多いです。なので、スキー場も比較的上級者向きのコースが多いですし、中級者コースでも「これが本当に中級?!」と言いたくなる斜度だったりすることもあります。でも、日本と違って、みんなが最新のEquipmentを身に付けているわけでもないし、それほど上手じゃない人もいるけど、みんな思い思いのフォームで、伸び伸び楽しそうに滑っているのが印象的でした。

次回は水着持参でアフタースキーは温泉に行くぞ!!