Banff、行ってきました!
2004年、米国労働市場は復調

Banffのおいしいレストラン

今回の旅行はご飯もおいしかったです!私が気に入ったBanffダウンタウンのお店を紹介します。ただ、私は家では和食ばっかりだし、外食はベト麺とかB級グルメが多いので(笑)、その辺は割り引いた上で参考にしてください。それと、カナダは(アメリカと比べると)全体的に味付けが優しめなので、日本人の口に合う店が多いと思います。

     
  1. Bumper's
  2. 直前までレイクタホへ行っていて余裕がなく、食べるものに関しては全然事前の情報収集はしていなかったのですが、どういうスキー場があるのか調べていたとき見つけた、200 Snow Reportsという面白くてためになるホームページで紹介されていた「正気の沙汰でないバカでかいステーキ」があまりに印象的だったため、バンパーズへ行くことにしました。

    「バンパーズに来ないとバンフに来たとは言えない (If you haven't been to Bumper's...You haven't been to Banff!) 」と宣伝しているこのレストラン、日本語メニューが置いてあるほど日本人観光客にも人気があるようです。実際、ステーキは他の店でも食べたけど、ここのほうがおいしかったです。ただし、量はやはり半端じゃないので、一般的な日本人なら一番小さいサイズで十分だと思います。また、ここはあくまでステーキの店(割かしリーズナブルだし)なので、その他の料理には期待せず、黙って肉を食べたほうが良いと思います。

     
  3. Maple Leaf Grille & Spirits
  4. 「やっぱりカナダに来たからカナダ料理の店に行きたいよねえ」と。インテリアには丸太が使われていたり、スタッフも親切で、Cozyな雰囲気だし、適当に賑やかなので、わいわい家族やグループで行くのに良いと思います。入り口に飾られている直径2メートルのクリスマスリースや、店内の壁に張り巡らされている針葉樹の枝やドライフルーツの飾りつけは本物でした。ここでは自家製スモークハムを使ったChef's SaladやGrilled Salmonをいただきました。バターを使った味付けはアッサリ目で、地物の鮭はさすがにおいしかったです。デザートはMaple syrupを使ったアイスクリームがオススメです。

     
  5. Evergreen
  6. カナダ最後の夜はやっぱりカナダ料理。でも昨日も食べたので、少し目先を変えて「Contemporary Canadian」にしました。私は、今回の旅行の中ではここが一番のお気に入りです。モッツアレラとトマトのサラダは、トマトがオーブンでグリルしてあって、味が濃縮されていてとても良かったし、ポークチョップは、お肉もさることながら、付け合わせがかぼちゃ、しかもコロッケ。凝ってるんだけど味付けはオーソドックスで、普通においしかったです。ここのお野菜は、素材の味が濃厚に出ていて、おいしくてほっとします。デザートは、スペシャルのチョコレートケーキをオーダーしました。外はカリカリ、中はとろっと溶けているタイプのケーキでしたが、オーブンで焼かれた香ばしいほろ苦さがたまりません。(ちなみに、合間にマンダリンのソルベ、最後にチョコレートをサービスしてくれるので、甘い物がそんなに好きでない人はデザートを頼まなくても良いかも)サービスしてくれた人は、前はレイクタホ近くのレストランにいたとのこと。私達も、丁度クリスマスにタホへ行ったばかりだったので、タホとバンフのスキー場談義でも盛り上がりました。きっとスキー好きが高じてカナダに来てしまったんだろうなあ、と思いつつ、サービスは気持ち良かったです。

    しかし、味良し・雰囲気良し・サービス良しなのに(値段は今回の中で一番高かったけど)全然お客が入っていないのは心配です。ホテル内のレストランなので潰れはしないだろうと思いますが。難を言えば、ここのホテルは車が止めづらく、Banff Aveの一番賑やかなエリアから歩くと少し遠い(外が激寒なので)という、立地の問題はあるかもしれませんが。。。でも、行って後悔はしないと思うので、一度くらいはちょっとロマンチックなディナーを、という時には是非お立ち寄りください!オススメです!

昼は基本的に「ゲレ食」だったので、特筆すべきものはありませんが、朝しか行かなかったけどまた行きたいな、と思ったのは、Coyotes Deli & Grill (206 Caribou St) です。パンと卵とポテトとソーセージ、パンケーキ、みたいな極めてベーシックなメニューなのにどれもおいしかったので。朝食はオープンキッチンで作ってるのが見れるのも良いです。

Comments

The comments to this entry are closed.