Previous month:
October 2004
Next month:
December 2004

ブログの魅力と可能性

昨日は、JTPA「ブログの魅力と可能性」セミナーに行ってきました。 小ぢんまりとしたセミナー、いやむしろ「シリコンバレー日本人ブロガーのオフ会」に近い雰囲気で、それぞれブログに対する思い入れが興味深かったです。身につまされる話も多かったですし、個人的には、炊飯器でサンマを焼いた方と名刺交換できなかったのがとっても残念です。

ブログブームの立役者でもあり人気ブロガーでもある三人のお話から感じた「ブログの魅力と可能性」をまとめると、

  • 人は皆それぞれ素晴らしいものを持っていて、それを表現したいという強い欲求を元々持っている

    「知識や情報というのは、その筋の権威みたいな偉い先生だけが持っていてヒエラルキーのように存在するというわけではなく、現場の人の方がよっぽど良く知っていてためになることもたくさんある」(千賀さん)「家に帰れば旦那や子供の世話で忙しいし仕事もしているので、通勤時間を使ってケータイでブログしたい。だから手伝ってくれ、という主婦の方から助けを求められたことがある」(平田さん)

  • パブリッシングツールとしてのブログ、Movable Typeは、人々の自己表現の欲求を容易に実現する手段を提供した

    「中島らもは、お酒を買うプロセスがもっと複雑で大変だったらアルコール中毒は生まれない。自動販売機やコンビニがあるからこそアルコール中毒を助長すると言っていたが、それと同じように、TypePadBloglinesのようなツールがあるからこそ、これまで日記は三日坊主だった自分でもブログは続けられている」(村山さん)「1万人の読者では、従来の商用メディアは成立せず、同人誌を出すのはとても労力の必要なことだった。でも今はそういうニッチでナローなメディアを個人の力で持てるようになった」(千賀さん )

  • 従来メディアにはないパーソナルな香りという魅力

    「2ちゃんねる等の掲示板と違うのは、書き手が同一であるということ。たとえ実名を出さなくても、書き続けているうちにそこには何らかの書き手のアイデンティティが出てくる」「有名人ブログが最近増えているが、受けるものと受けないものが明確に二極化している。プロモーション狙いのものは読み手に受け入れられない。社長ブログは、恐る恐る書いている人が多いが、何でもアリの人もいて、両極端(笑)」(平田さん)「同じクライアントと長い付き合いになる仕事が多いので、ブログをクライアントが読んでくれることで、前よりも人間関係がスムーズになった」(千賀さん)

  • これまで表現手段を持たなかった人達の声、情報がネットワーク上で繋がり、蓄積されるようになったので、それを活用すればよりクリエイティブな活動ができる

    「インターネットの開発者は、ウェブやインターネットは本来双方向的なものになると想定していた」「多くのブログ同士が情報やリンクで双方向に繋がっている。ブロガーであることは、自分1人の世界を超えた、もっと大きな思考回路の一部である感覚がある」(村山さん)

  • コンテンツマネジメントシステムとしてのブログ、Movable Typeの可能性

    「社内コラボレーション、ナレッジマネジメントシステムと言うと大袈裟だが、企業社内では日報の置き換え等で使われている。また、工場の生産管理部門のようなクライアントもいる。ホワイトボードやポストイットで管理していたものを置き換える等、こちらが想定していなかった何か新しい使いみちを考え出したのではないか」「社外向けでは、マーケティングやプロモーション用途、あるいはCMSが高価でこれまで持てなかった企業にまで裾野が広がると思う」(平田さん)「伊藤穣一さんのブログを見てぱっと閃いたのは、これでJTPAのサイトも管理できる!ということだった。皆に理解してもらえるまで3ヶ月掛かったけど(笑)」(千賀さん)

とまあ、世の中にこれから何か面白くて価値のあるものが生まれそうな可能性を大いに感じたサンノゼの夜でした。(その後、ベト麺's隊員一同で「突ベト」を試みたが、開いてる店がなく結局中華になったのが残念。おいしかったけど)

余談ですが、Six Apart社は創業以来黒字だそうです。

ちなみに、実は、SVJENも、現在WebサイトをMovable Type (3.1)に移行中です。サブカテゴリ機能がデフォルトになったお蔭で、コンテンツマネジメントシステムとしても相当強力になったなあ、というのと、見た目も「ここまでブログっぽくなくできるんだあ」という感動。ここまで来るまでの道のりはとっても長かったのですが、CMS導入プロジェクトが動いているのもひとえに、(なんと、日本から協力してくれている)素晴らしいボランティアの方々のお蔭です。

Continue reading "ブログの魅力と可能性" »


競争はどんどん国際的に

体調があまり良くなく、きっちりした文章を書く余裕がないので、覚え書き程度ですが、先日参加したSVCWirelessのAnnual Conferenceに関する感想から、なぜ日本のモバイル関連ビジネスがグローバルになれないのか、はたまた日本のIT企業がグローバルになれないのかについて、最近感じていることを書いておきます。殆ど、課題提起だけですが。

本当は、色々な前提条件というか、シリコンバレーやアメリカの環境の説明をしないといかんのですが、ここでは全部すっ飛ばして、イキナリ結論から言います。私がシリコンバレーに来てしみじみ驚いたのは、

こちらのスタートアップは、会社ができた瞬間から世界の市場を狙っている

ということでした。

また、同時に愕然としたのは、

日本のソフトウェア産業は、殆ど国際競争力を持たない

ということでした。

2000年のソウトウェアに関するわが国の輸出入の現状をみると、輸出は90億円(対前年比96.7%)、輸入は9,189億円(同127.6%)となった。輸入は輸出の102倍となり、前年の77倍に比べ、さらに格差が広がる結果を露呈した。(出所:JEITA ソフトウェア輸出入統計調査 2000年

アメリカのモバイル市場に詳しい人なら周知の事実ですが、こちらは、端末という意味でもサービスという意味でも、日本に比べると遥かに遅れています。世界最先端のトレンドを見るなら韓国と日本だ、とかなり前から言われています。

SVCWirelessでも、VCやケータイ関連ソリューション企業のベンダのエグゼクティブが色々アメリカや中国のケータイ市場について語っていたのですが、そのトレンドを見ると、「音声(通話)はそろそろコモディティ、収入は頭打ち。これからはデータ通信」「Short Messaging Serviceが収益源」「ゲームやWebブラウジングがこれから伸びそうだ」「RFIDタグと組み合わせた端末も出てきたので、モバイルペイメントサービスや、ラジオ、音楽配信も期待」等など、

どれも日本で数年前から流行っていたもの(あるいは既にサービス開始しているもの)が、始まったばっかりだったり、これから始まる段階なのでした。

では、なぜVCが、日本のモバイル関連企業をこちらに紹介しないのだろうか?というと、文化的な差から、日本で受けたものがアメリカや中国で必ず流行るとは限らない、というのもあるのですが、一番大きな原因は単純で、どこにどういう会社があるのかよく分からないし、そういう会社と渡りを付けるためのコネ、土地鑑がない、という、純粋にロジスティックスの問題であるとのことでした。

逆に言うと、日本とアメリカの両方の市場の土地鑑があって、目利きや、橋渡しをできる人が増えさえすれば、日本のモバイル関連ビジネスの会社には、まだまだ大きな市場があるのではないか、と感じました。

サービスやアプリケーションレベルではよく分かりませんが、少なくとも端末の市場では、韓国企業のSamsungが世界三位(最新のデータでは更にシェアを伸ばしているのかも?)、LGが五位のシェアを持っているのに対して、日本では、かろうじてSony Ericssonが六位で、その他日本のメーカーは、世界市場では全くプレゼンスを有していないと言っても良さそうな状況にあります。

シリコンバレーの会社は、たとえまだフルタイムの社員が一桁人だろうと、ベンチャーキャピタルから資金調達できてない状態であろうと、海外の市場へどう打って出るか真剣に考えていることが少なくありません。

ある意味、日本の市場だけでそこそこのビジネスになるというのは恵まれた環境でもあります。また、日本は特殊な市場だとよく言われる意味が、アメリカに来てみて分かるようになった(これについてはそのうち一度まとめて書こうと思う)ので、いちがいに「だから日本企業はダメだ」等と決め付けるつもりはありませんが、

そもそも、競争はグローバルだと考えていないということが、日本企業の海外市場での成功を阻んでいる最も大きな要素なのではないか?

というのが、最近、私が持っている仮説なのでした(大胆ですいません)。

中国系のWirelessプロフェッショナルのNPOのカンファレンスに参加して、こんなことをずーっと考えていました。それにしても、このカンファレンスがすごかったのは、パネリストの殆どが外国生まれの人だったということです。アメリカ生まれのアメリカ人はあんまりいなくて、皆、中国や台湾、インド、ヨーロッパ、等で生まれ育ち、留学等を機にアメリカに来て働いているという人ばかりで、改めて、シリコンバレーのインターナショナル性を痛感した一日でした。

ソフトウェア全般に関して、なぜ国際競争力がないのか、については、他にも色々書きたいことがあるので機会を改めますが、まず間違いなく、次代を担う若者(だと自分を思っている人も含む)は、絶対英語はできたほうが良いと思います。

勿論、「伝えるべきもの(コンテンツ)」を持っていることは、言語よりももっと大切だと痛感しているのは言うまでもありません。

#ちょっとあちこちで紹介いただいているもので、雑ですが、とりあえず課題提起だけして更新しておきます。


Blogやってて良かった!

Blogをやっていて良かったなあ、としみじみ嬉しい出来事があった。

ある友人が、自分の知り合いに、私の書いたものを紹介したところ、それに励まされ、少し元気が出た、という話だ。私は、その人が誰かを全く知らないし、おそらく見ず知らずの人なのだが、どうも最近お仕事に関して悩んでいたらしい。しかし、最初から自分の行くべき道が明確に見えていてゆるぎのない人なんて滅多にいないのだという言葉に少し勇気付けられ、それなら自分に今できることをやってみようと考えるようになった、という話を、私も友人づてに聞いた。

繰り返しになるが、あれは私が主にSVJENを通じて出会った、一流の「シリコンバレー・プレイヤー」たちの生き方に受けた感銘をまとめたものだった。日本人がメジャーリーグへ挑戦する日本人野球選手を応援したくなるように、起業の"メッカ"シリコンバレーで活躍する日本人を私が応援できるとしたら何か?と考えた時、たまたまBlogをやっていたお蔭で編集長を任されるようになり、文章やWebを通じて、自分が受けた感銘をより多くの人に伝えるのが自分の役目でもあり喜びだと、そう感じるようになった。 そこからこぼれおちて、たまたまこのBlogで芽を出したあのエントリが、私自身も知らないところで、誰かの心に届いて、また新しい芽を出したことは、本当に嬉しかった。

それから、やはり、必要とされている人に、必要とされているタイミングで、伝えてくれた人の判断や人柄によるところも大きい。 今では、全く見ず知らずの人の方が多く読んでくださるようになったこのBlogだが、決してここだけが独立して存在するわけでなく、文もまた、人との関わりの中で育まれ、人によって役立てられているのだなと。

これからもBlogを自分の勉強のために続けていく姿勢に変わりはない。でも、人との関わり合いの中で見つけた私の小さな宝石を、マイペースに育んで行こう(それをBlogを通じて人に伝えていくのかどうかは別として、自分の生き方として)。そう思った。


Is An MBA Worth It?

Is An MBA Worth It? (InformationWeek, 11/01/04)

The Ross School of Business at the University of Michiganが、InformationWeek Researchによる1999~2002年のannual salary surveysを用いての調査"The Effect Of MBA Education On Total Compensation Of IT Professionals"(対象は55,000人のエグゼクティブ)によると、


  • この期間、MBAを持っていたITエグゼクティブは年24%昇給したが、同じポジションでその分長い経験を持つITエグゼクティブは0.2%しか昇給しなかった
  • ビジネス=テクノロジーの領域でBAの博士号を持っているエグゼクティブはMBAより14%多い収入を得ているが、MBAは、他のどのMaster degreeよりも約7%多い収入を得た
  • 非営利企業(nonprofits)での職歴は給料に関してはプラスに働かないが、転職経験はプラスに働く。非営利企業で働くエグゼクティブは、営利企業でよりも10%給料が低い。同じ会社で働き続けていると、年0.2%給料が下がる
  • 大学へは行ったが学位は取らなかったビジネス=テクノロジープロフェッショナルはMBAホルダーのエグゼクティブより20%給料が安い

企業のIT部門でもMBAホルダーが好まれる理由は、ITアウトソーシング。CIOはアウトソーシングをマネージしなければならないので、単に企業の技術に集中しているだけでなく、ビジネスの知識・手腕が必要とされるようになってきたと考えられている、とのこと。

This demand for business expertise stems from all the outsourcing of IT functions taking place today, says Kelli McGrath, a VP for North America at recruiting firm Hudson Global Resources. "CIOs have to manage the outsourcing and be more business savvy, not just focus on the technology inside the company," she says.

期間がITバブルの頃なので、今日では多少割り引いて考える必要があることは、調査元も認めているようですし、そもそも、この調査がミシガン大学のビジネススクールによるものなので、「MBAはPayします」という結果は、やや 学生を集めるための提灯記事の香り もあり、多少眉唾ではありますが、一調査結果として、載せておきます。

ここには引用・紹介しませんでしたが、MBAを取らなくても幸せなキャリアを歩んでいる人、非営利企業からMBAを取りに行き、着々とjob hoppingしている人、1,000人の同期の中で女性はたった4人だった70年代にMBAにチャレンジした女性などの例が幾つか出ていますので、「人生いろいろ」を味わいたい方は原文へどうぞ。

"Companies require an all-around person, and an MBA is a great component."

と、仕事探しも大変な時代ですが、日本ではMBAのROIってどうなんでしょうね。


挑戦者の背中 (SVJEN第5回起業家トーク)

※11月1日追記:起業家トークセッションの公式レポートが公開されました。
http://www.svjen.org/blog/archives/000004.html

KeyEye Communications, Inc. のCo-founder & CTO, 鷹取洋さんに関する日本語の文献は、これまで全くなかったのですが、その略歴をご紹介すると、

日本の大手企業の中央研究所から、カナダ留学を機に、創業間もないアメリカのベンチャー企業Level One Communicationsへ転職。2-30人のまさしくスタートアップの頃から、IPOを経て、衰退期に差しかかり、Intelに買収されるまでの約10年間をLevel Oneで過ごされ、スタートアップの興亡 を目の当たりにされます。買収先のIntelではFellowのポジションに就任され、エンジニアの頂点を極め ながらも、自らの得意とする技術で理論限界に挑戦し、DSL分野で世界最速のチップを作る夢をかなえるため、Level One時代の同僚とKeyEyeを創業されました。しかし、その起業も、当初は苦難の連続で、創業者達は完全無給、従業員もHalf-payでの船出。1年足らずで 資金ショートによる操業停止という憂き目を見ながらも、復活を遂げ、来年の製品出荷に向けて現在製品開発中。

取得された数々の特許や、ANSIやIEEEといった標準化団体でのご貢献など、エンジニアとしての素晴らしい経歴は勿論、このようなドラマチックな生き方を誰もができるわけではないでしょうが、エンジニアとしての一つの生き方(ロールモデル) を提示してくれたのではないかと思います。

今回の起業家トークの鷹取さんのお話では、数多くの言葉が、働く上でのヒントとして、私の中に残りました。


  • 「生涯、一エンジニアとして生きたい」「理論限界値に自分の技術で挑戦したい」という、一つのものに邁進するひたむきさ、
  • 「ダメだったときのことは考えもしませんでした」「何とかなるさ」という楽観主義、
  • 「なぜか私の転機はいつも逆風の中のチャレンジでした」「もっと知っていれば、挑戦していなかったかもしれない、ということはたくさんあります」というリスクテイカーの姿勢、

何より「まだ成功したわけではないので、秘訣はありません」と謙虚に語られる鷹取さんご自身の、道の途中にいる人の「挑戦者の背中」 そして温和で静かな物腰の奥に秘められた熱い思いに、感銘を受けました。何かを知っているから成功するとは限らないし、むしろ後先考えずに果敢に飛び込んでみて、あとはとにかくやり抜く、execution が大事だ、という勇気の大切さを教えていただきました。

同時に、自分自身を世の中でどのように活かしていくべきなのか、自分のポジショニングについて、またしても考えさせられました。

鷹取さんのメンタリティからのみならず、その「会社の歩き方」からも、シリコンバレーモデルの特徴について考えたこともありますが、機会を改めてまたいずれ。

Continue reading "挑戦者の背中 (SVJEN第5回起業家トーク)" »