Previous month:
September 2004
Next month:
November 2004

川上弘美「センセイの鞄」

川上弘美「センセイの鞄」

37歳・独身・OLの大町月子と、彼女の高校時代の国語教師・松本春綱の間に流れる、温かくも、ゆるゆるとした時の流れ。

…ってなんだか出版社の宣伝コピーみたいですが。

恩師との再会が忘れえぬ思い出に変わる、こういう出来事が、世の中には、よくあるのかもしれないし、それほどないのかもしれないし、それはよく分からないけれど、人と人との関係の「あやふやさ」がよく描かれていると思いました。

「ワタクシはいったいあと、どのくらい生きられるでしょう」

人の感情というのは生もので、いつどのように変わるか分からない、とても繊細なものですが、だからこそ、心の通い合った一瞬(人生の長さを考えると、一瞬と言っても良いでしょう)が人生の贈りものとして輝くのかもしれません。描写は淡々としていますが、心の動きの描写はとても瑞々しく、濃厚です。

初老の男性がこの小説を読んだらどのような感想を持つのか、聞いてみたい気がします。


Myers-Briggs Type Indicator

MBTIと頭文字で呼ばれることも多いようです。

「性格テスト」というと、なんだか胡散臭いものもありますが、これは、夫が大学(UCB)の授業で受けたと言うだけあって、割と、仕事の上で自分はどういう考え方・行動パターンか、人とどう付き合ったら良いかの指針というか、参考になります。70問の質問に答えて、タイプを割り出します。

#詳しい説明はここには書きませんので、興味のある方はググってください(笑)

このテストの目的は、どういう性格が良い・悪いとジャッジするものではなく、「そういう特徴の人だ」と理解することで、パフォーマンスをあげたり、人間関係を円滑にしましょう、というのが趣旨だと理解しています。

※このエントリに頂いたTrackbackで、MBTIをオンラインで確かめられるサイトをご紹介いただいています。自分のMBTIタイプを知りたい方は、ぜひお試しください!
http://www.glocalidge.com/blog/archives/000035.html
http://kush.typepad.com/blog/2004/10/mbti_myers_brig.html

私の性格は、「INFJ」と出ました。

どのような特徴があるか、日本語だとここで読めます。
英語の方がもっと詳しい解説があります。

MBTIは16パターンありますが、私と同じ「INFJ」タイプの人は、全体の1%程度しかいないらしく、かなり珍しいようです。

・クリエイティブで、直感・洞察力に優れており、感受性が強い
・人が心地よい状態、物事のあるべき姿を見極め、秩序を生み出す力がある。計画立案/実行者として優れる
・細かい作業はあまり得意でない
・自らの直感、内なる信念を重視しすぎ、他人の意見を聞かないところがある
・自分や、周りに対する期待値、理想が高い
・深く複雑なパーソナリティで、人には温かく優しいが、本当の自分を見せる相手は厳選する傾向がある

INFJ人間にとって、人生は必ずしもEasyではないとまで言われる、気苦労の多い私ですが、最も相性が良いのは「ENTP」あるいは「ENFP」だそうです。ちなみに私の夫は「ENTP」です。Outgoingで、客観的・合理的判断ができ、しかもフレキシブル と、私とはまるで正反対なのですが、そこが夫婦としては良い相性と言えるのかもしれません。


最近Blogが書けなかった理由

私のBlogは、ビジネス、ITをテーマに考えると言いつつ、かなり私の個人的な考えや価値観が色濃く出ていると思います。

なので、「読んでいると本人を知っているような気になる。親近感を覚える」と言っていただけるのは嬉しいですし、「最近のTomomiさんのBlogは、ちょっと優等生っぽいというか、よそ行き感覚」と思っている人がいることも知っています。逆に、かなりハッキリその時の精神状態が出るみたいで、それが少し怖かった時もありました。

幾ら、ここが私個人が趣味でやっているサイトで、「ここでの記述は、所属する企業・団体とは一切関係なく、ここに書いてあることを信じて行動してそれによって何らかの損害が発生したとしても私は一切責任を取りません」と念を押したとしても、もはや「個人経営の単館上映」のノリを維持するのは難しいです。私自身が相手のことを全く知らないのに、相手は自分のことをよく知っている、という状況に慣れてない一般人なら、誰だって多少はそうなるかと思いますし、その点はご賢察いただけると嬉しいです。

要は、ここは私の家の玄関、あるいはお客様をお通しするスペースで、私は割と気軽に自分の家に人を呼ぶし、割と庶民的な家に住んでいるので、遊びに来た方には、時には台所での音が聞こえたり、クロゼットの中が見えたりすることがあるかもしれませんが、見ず知らずに近い人のほうが最近は多いので、ロンブーのガサ入れのようには行きません(笑)

というわけで、この数ヶ月間、更新頻度が極端に落ちていた理由は、勿論、仕事やボランティアが忙しかった、家族をアメリカに呼び寄せるのに大変だった、等もありますが、公私共にスランプというか、精神的に追い込まれていたので、一言で言うと、お客様をおもてなしする心の余裕があんまりなかった、ということです。

でも、このBlogは元々自分の勉強・メモを残しておくために始めたものなので、誰が読もうと読むまいと、どんな感想を持とうと、それは読む人の自由ですし、何をどう書こうと私の自由です。あまりに荒れたものを出すのは自分の性格上許せなかったので書けなかったのですが、次のステージに行くために、私も、自分の引き出しにもう一度インプットをやり直す必要がある時期なのかもしれません。

私の場合、だいたい同じ仕事を1年半~2年やっていると、必ず一つの壁にぶつかります。壁にぶつかったとき、いつも真剣に悩むのですが、その後には「小さいブレイクスルー」が訪れることも分かっているので、超えられない壁は自分の前には現れないと信じて、もう少しもがいてみようと思います。これも成長の証だと信じて。

#そういえば、10月20日で、渡米して2年になりました!


転機は、いつも逆境だった。

今日は、SVJENの起業家トークセッションでした。
いや~今回もよかったですよ!!感動しました~(涙)

表題は、スピーカー・鷹取洋さんのコメントから。
人生には、何度か転機があるが、自分の場合、その時はいつも逆境だった、とのこと。

色々書きたいことはあるのですが、なにせ最近公私共に激イソガシだったので疲れました。感想はまた明日以降。

ちなみに土曜日は、SVCWirelessというシリコンバレーの中国系プロフェッショナル団体のカンファレンスに参加していました。これについても色々感想はあるのですが、またいずれ。


世界最速のチップ作りに賭ける~SVJEN 第5回起業家トークセッション~

先週は出張でアリゾナに行っておりました。

久々の更新が宣伝系で申し訳ないのですが、なにせ、この起業家トークセッションの準備で、スピーカーとお話して私はこんな興奮を感じたり、こんな感動を受けたりしましたので、もし私のBlogを読んで、ちょっとでも興味を引かれた方は、是非ご本人から刺激を受けていただければ、と思います。

さて、来たる10月18日のSVJEN 起業家トークセッションのご案内です。

過去4回のセッションは毎回非常に好評でしたが、今回も、期待の大型新人をスピーカーにお迎えし、スタッフの私もとても楽しみにしています。

前回起業家トークセッションのレポートはこちらです。

鷹取さんは、日本企業からアメリカのベンチャーに転職され、その後、Intelで技術者最高位・Fellowまで昇りつめ、その誰もが羨むポジションを擲って自分の夢(DSL分野で世界最速のチップを作る)に賭けたという、エンジニア魂にあふれる日本人起業家です。

「生涯、一エンジニアとしてやっていきたい」という鷹取さんの、波乱万丈の起業ドラマを是非お見逃しなく!!

また、講演の後は懇親会もあり(日本語イベントなので、参加者は日本人が殆どですが)当地の日本人起業家やエンジニアとのネットワーキング・情報交換の場としても有用かと思います。

毎回、直前は満員になっていますので、早めの申込みをオススメします。

お申込みはこちらからどうぞ!!

------------------------------------------------------------------------------
第5回起業家トークセッション『理論限界値への挑戦~エンジニア魂の起業体験談』のお知らせ
(2004年10月18日)
------------------------------------------------------------------------------

Silicon Valley Japanese Entrepreneur Network(SVJEN)から、第5回起業家トークセッションのお知らせです。

SVJENでは、第5回セッションを10月18日(月)に下記の要領にて開催いたします。

今回のセッションには、サクラメントでネットワークの高速チップを開発するKeyEye Communications, Inc.を共同創業された鷹取洋氏をスピーカーにお迎えしています。

日本企業のサラリーマンから留学を経て、アメリカの創業間もないベンチャー企業へ転職。IPO、そしてIntelへの買収と、まさに一ベンチャー企業の興亡を目の当たりにした鷹取氏は、買収先のIntelでフェロー(技術者最高位)に上りつめます。順風満帆なキャリアを築いていた鷹取氏に全てを投げ打っての起業を決意させたものは何だったのか。創業直後に直面した、最大の危機と、そこからの復活劇とは。$15Mにものぼる出資をVCから引き出したノウハウや、米国人CEOの採用、従業員管理などの組織運営論を語っていただきます。

第3回起業家トークセッションにご登場いただいた、同じくインテル出身の渡辺誠一郎氏からも、驚きと期待の声をお寄せいただきました。

世間は広いですね。インテルにこんな方が身近にいらっしゃったのを知りませんでした!インテルでのFellowになった日本人はたぶんただ1人でしょう。 そこに安住せず 更に、新たなスタートアップで次世代の基板技術開発にchallengeされているのは大変すばらしい事だと思います。 是非、お話を聞かせて頂きたいと思います。

渡辺誠一郎
Founder & CTO, NuCORE Technology Inc.

<昨日のCEATEC基調講演の模様>
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2004/10/06/213.html

静かながら自信と実績に裏付けられた語り口で大聴衆の感動を呼んだ渡辺氏も期待を寄せる、もう1人の知られざる日本人起業家が今回登場してくださいます。

1997年に「ギガビットイーサネット」と呼ばれる、1GBpsの通信速度を実現する技術が導入されて以来、メタルケーブル上での通信は一桁ギガBpsが業界の「常識」とされてきました。世界でも類を見ない「一桁違い」の10GBpsを実現するチップを開発している会社、KeyEye Communications。光ファイバーの約10分の1のコストでこの速度での通信を実現するチップには業界から大きな期待が寄せられています。

現在の通信業界の理論限界に挑戦する、知る人ぞ知る革新的企業・KeyEye Communications。その中核を担う鷹取氏の体験談、ビジネス論を是非お楽しみください。

講演後はネットワーキングのための懇親会も行われます。渡辺さんをはじめ、過去のスピーカーも多数参加されますので、前回参加できなかった皆様も是非この機会にご参加頂き、多くの起業家と直接お話し下さい。

========================================================
タイトル:『理論限界値への挑戦~エンジニア魂の起業体験談』

スピーカー:鷹取洋氏(co-Founder & CTO)
KeyEye communications, Inc.
http://www.keyeye.net

日時: 10月18日(月)午後6時半より

場所: Wilson Sonsini Goodrich & Rosati (WSGR) 950ビルディング 2F
    大会議室(住所:950 Page Mill road, Palo Alto)
http://www.wsgr.com/WSGR/Display.aspx?SectionName=locations/loc_paloalto.htm

(上記URLから View campus mapをクリックして詳細地図をご覧下さい。950は、赤褐色のレンガ造りのビルです。付近にWSGRのビルが複数ありますのでお間違えのないようご注意ください。隣の"650"ではなく"950"のビルです)

スケジュール:
6:30-7:00 受付、ネットワーキング
7:00-8:30 講演、質疑応答
8:30-9:30   懇親会

参加費: 事前登録 $20(飲み物、軽食込み)、当日受付 $25

なお、事前登録で定員に達した場合、当日会場にての席はございませんので、あらかじめご了承ください。席に限りがありますので、お早めの登録をお勧めいたします。

登録方法: SVJENのwebsiteからオンライン登録を御願い致します。

お問い合わせ:info@svjen.org

なお、ご参加はSVJENの会員の方に限らせていただきます。まだ会員登録がお済みでない方は、こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------

*御同僚・ご友人で起業や起業サポートに興味をお持ちの方にお心当たりがありましたら、是非このメールを御転送ください。

---------------------------------
<SVJENスタッフ募集のおしらせ>

*SVJENは、起業家と起業のサポーターのボランティアで運営されております。現在スタッフを募集しております。記事作成・編集、 Webサイト構築、イベントプランニング、会場受付、Data入力など、空いている時間を活用して皆様のお力をお貸しください。

詳細はSVJEN ホームページをご覧いただくか、こちらのwebsiteにてご登録下さい。


私どもはこれからも皆様のご要望にこたえた様々な活動を展開して参りたいと考えておりますので、引き続きご支援ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Silicon Valley Japanese Entrepreneur Network