Previous month:
July 2004
Next month:
September 2004

文系人間はベンチャー経営向き?

最近、友人と、環境の変化に強い文系はベンチャー経営・論理的に土台を固める理系は大企業経営向き (勿論、ベンチャーも技術が分からないと商売にならないので理系は必要だし、大企業でも常に変化は必要なので文系は必要だが)という議論をしました。

#文系は、決定のプロセスの中で仮説を消していくが、理系は、最初に一つだけ仮説を取って残りを捨て、プロセスでごり押しする、という違いがあるため

この議論の中で、以前、とあるMLの「ロジカル・シンキングには、一体何のメリットがあるのだ?ロジックは利益を生むのか?」というスレッドに投稿した自分の文章を思いだしたので、若干改稿し、貼り付けておきます。

結論としては、「ロジックは、役に立つ場合もあるし、立たない場合もある」、端的に言うと、組織を大きくするときのオペレーションの作りこみ・大企業の運営には役に立つ、なのですが、理系の方がロジカル・シンキングが得意そうなので、「大企業経営=理系」の図式は、当たらずとも遠からずかもなあ、と思ったのでした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

従業員1万人規模の会社に勤め、現在40人弱のアクティブメンバを有するNPOでボランティアをしております。

その経験から言うと、理屈こねなくてもサクサク動いてくれるのが一番ラクです(しみじみ。。。)

ただし、ロジックを振り回さなくとも、目的・ゴールに対する認識や、そこに向けての温度を一致させることができ、コミュニケーションに苦労せずに済むのは、やっぱり組織が20人ぐらいまでの場合に限られると思います。40人でも、既にやや困難が出てきています。「20人」という数値は経験知で、理論的な裏づけはないですが、構成員全員が、お互いの顔と名前を一致でき、その人となりを理解し、日常的にコミュニケートできて、イザとなれば社長が一人一人差しで飲んで回ることができる規模には、物理的に限界があるからです。

あの野中郁次郎ですら、「官僚組織はなくならない。なぜなら効率が良いから」と言っているように、組織が一定以上(経験的には20人程度、頑張っても40人)に大きくなると、1人で全体を把握できないので、何らかの形で、組織内の意思決定・伝達には階層ができます。温度差もできます。そして「何となくこんな感じ」では話が通じなくなります。

それから、組織内のコミュニケーションがいかに難しいかを示すもう一つの例として、バランススコアカード提唱者のKaplan・Norton教授の研究によると、一般的な企業では、「90%の従業員は自分の会社の戦略を理解していない」というデータがあるそうです。

なので、自分が経営者・マネージャになったら、「自分の部下は、自分がどちらの方向にどう向かおうとしているのか分かっていない」と思った上で行動した方がよい=ロジックが必要 ということですね(笑)

だからこそ、企業理念を繰り返し語り続けること、マネージャからのメッセージはシンプルであることが重要なのだと思います。また、阿吽の呼吸が通じる少数精鋭ならよいのですが、それ以上の組織になったとき、一から十まで、毎度毎度、全ての作業を細かく指示していたら自分の仕事が減りません。大まかにどういう方向に向かっているか、動機付けを行う上で、効率的なコミュニケーションを行うのには、ロジックは便利だと思います。既にできあがったオペレーションを定着させるときとか、必要な作業のやり残し・取りこぼしを減らす上でMECEとかのツールは便利です。また最近、やたらと「IT投資の投資対効果を定量的に測定したい」というお客さんが多いのですが、何をもって成果とするか、どれだけ達成できたか、数値目標を立てるというのも、組織の目標を構成員に効率的に伝え、目標達成に向けて駆り立てる手段として有用です。

Dellや、Wal-martなんかが効率追求で有名ですが、サプライチェーン効率化のために省ける無駄を探すためのデータ収集・分析へのWak-martの執念はあまりに有名です。Wal-martのデータウェアハウスは、世界中でペンタゴンの次にデカイと言われています。

但し、ABC分析(Activity Based Costing)とかBSC(Balanced Score Card)みたいなツールを入れて運用するのって、それだけで結構な手間隙が掛かるんですよ。。。自分の一日の行動を、全て「今日は何時から何時までアレをやって、幾ら何にお金を使った」と記録する億劫さを考えていただければ、1万人分「誰がいつ何をやったか」把握するためには大変な労力が掛かることが容易に想像できると思います。しかも、そのデータを採取すること自体は、1円の経済価値も生み出さないわけですから(勿論、データを元に、作業の無駄を発見し、改善につなげればそれは価値になります。だからこそ多くの会社が導入するのですが、ここでは「それには相当な労力が掛かる」ということが分かってもらえれば結構です)

このように、場合によってはロジックはとても便利だけど、きっちり実践するのはそれなりに大変さを伴うということと、それから、必ずしも効力がない場合もあります。

例えば、不確実性の高い状況の場合。新商品を出すとか。こういうシチュエーションで、皆の意見が合うことはまずありえないです。未来のことは誰にも確かなことが言えないので、絶対に意見は割れます。(…この感覚、新規事業をやったことがある方なら実感として理解していただけると思うのですが、いざ説明しようとすると難しいですね~。試しに、何人かでケーススタディを一つやってみると良いのではないでしょうか。「この事例では、結果としてはこうなった」という結論がでているものを題材に選び、参加者には結論を隠した上で、誰が一番利益に繋がる決断を下したかを競います。勝った人には皆がお金を払うとか、真剣に賭けた方がよいです。特に日本人は「なぁなぁ」になりがちなので。)

あと、創造的な仕事の場合、数値でギリギリ絞ってしまって「遊び」が全くないと、型破りの発想が難しくなるというのも事実だと思います。

そういう、言語化しづらい感覚を共有できる少数精鋭で一気に行動した方が早い場合、ロジックを超えたものが必要なのではないかと思います。ヒット商品を連発していた頃のSONYは、盛田さんとその腹心の部下数人で新商品の決定を行っていたというのも納得でした(クリステンセン「イノベーションへの解」の受け売りですが)エイヤ!で誰かが決めて、それに周りは従う、ということが必要な場面もあります。

#その場合、過去の成功や普段の仕事振りから来る、「この人が決めて、それでダメならしょうがない」的な周りの信頼が得られるかどうかがカギなんでしょうかね?あとは「これを絶対に売ってやる」という「気合」とかね。

というわけで、「ロジックは、マネジメント上、コミュニケーションツールとしては有用だが(特に組織を大きくしようとしている場合や、繰り返し型のオペレーションを効率化する場合)”成功の万能薬(=銀の弾丸)”ではない」というのが私の意見です。


夫の渡米が決まりました

突然のお知らせですが、9月から夫がこちらの大学に通うことになりました。UC BerkeleyのExtentionに参加が決まりました。何を勉強するのかとか、その辺は本人がそのうちレポートすると思いますので、私からは「もうすぐ彼がアメリカに来る」ことのみご報告しておきます。アメリカの大学に通う、というのは、滅多にできる経験ではないと思いますし、私が既にこちらに住んでいて、ビザや生活費のサポートが私の会社から受けられる、この絶好の機会を活かさないのは勿体無い、ということで、思い切ったようです。

#夫は私の扶養家族として渡米するので、そのための社内調整が色々大変でした。。。Blogの更新が滞っていた理由の一つも、それだったりして。ただ、女性社員であっても、配偶者を扶養すると言えば、男性が奥さんを扶養するときと同じ待遇が受けられるので、それはありがたいことです(っていうか、まぁ、男女平等なんだったらそれが当たり前と言えば当たり前ではあるのですが)。

そんなわけで、もうすぐ結婚4周年、うち2年は私の海外勤務のため別居生活を余儀なくされておりましたが、もうすぐ 2年ぶりに夫と同居(…っていうのもなんかすごい書き方ですが)することになりました。アメリカに来てからはずっと独り暮らしだったので、なんだか不思議な気分です。先の引越しも、実は、同居家族が増えるので少し広い部屋へ移ったのでした。

元々うちは、夫婦で小難しい話をすることが多かった(対話の中で互いの考えを深める)のですが、別居でそれができないので、しょうがなく(?)文章書いて、それを夫だけじゃなく他の人にも分かるように、とまとめて、アップロードしていたのがこのBlog、という感じなので、夫と同居することで、一体このBlogはどうなるのか、書いてる本人もドキドキしています。

転勤はしても依然同じ会社で働き続けている私に比べ、彼はこちらの学校に通って、新しい生活を始めるわけなので、彼によってもたらされる新しい世界・情報に触れて、また、同じ物事を見ても、違う目からもたらされる視点が、これからは常に横にあるということで、自分にとってもきっと新しい発見がたくさん出てくるのではないかと、楽しみにしています。夫にとっても、今回の渡米が、語学力を磨いたり、見聞を広げる、良いチャンスになれば良いな、と願っています。

これまではシリコンバレー在住単身赴任駐在女性Bloggerということで応援してくださった方もおられるかもしれませんが(…いるのか?) 今後は、シリコンバレー駐在夫婦Bloggers(但し、駐在員は妻で、夫が学生)として再出発をはかろうと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。

でも、2人で隣り合わせに机に並んで、それぞれ自分のiPodで音楽聴きながらパチパチとBlogを書く(そして互いにTrackbackを打ち合う)というのは、「怖いから、やめてね」と言われるまでもなく、やりません。


自分との戦い方 (2)

先日のエントリ「自分との戦い方」には、オンライン・オフラインで何人かの方々にフィードバックを頂きました。かなりモノローグな内容だったにもかかわらず、ありがとうございました。

Blogをご覧になってお分かりの通り、私は大変真面目な性格ですので(笑) むしろ仕事に関しては、真面目に考えすぎて無駄が多いのではないか、というぐらいです。かつ、それゆえに、最近色々と疲れていたもので(若いのに 笑) その反省と疲れから来るペシミズムが、あのエントリに繋がったのですが。

でも、人生、何もかも効率重視というのも味気ないですよね。

どうしても捨てられないこと・やめられないこと・採算度外視でも自分のエネルギーを傾けざるを得ないことは、自分にとって何なのだろうか?

費用対効果をぶっちぎってでも、やらずにはおられないこと、それをどこに求めるか、が、人の個性なのかもしれませんね。

そんなわけで、作業効率・学習効率を考えることは有限な時間を活かすためには大事なことですが、生産性を突き詰めすぎるあまりに自分にとって大事なものまで切り捨てないように、今後も自分を見つめ続けたいな、と思った次第です。


開店休業

近所のスーパーのデリに買い物に行って、なぜか注文が通じないな~と思ったら、"Greek Salad" を "Geek Salad" と言っていました…。隣に並んで順番を待ってたおっちゃんに笑われました。そりゃ笑うよな…。脳内までかなり侵されつつある今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

実は、プライベートでは、8月1日に引越しをしました。同じアパート内、しかも同じ棟・同じフロアなんですが、自力引越し(会社の方々に多大なるご協力を頂きつつ)だったので、結構ヘトヘトになりました。なんで引っ越したのか?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは折を見てご報告する予定なので、少々お待ちください(意味深ですいません。ちなみに、日本に帰国する予定が決まったわけではないです)。プライベートの方は、今後1ヶ月ぐらいはバタバタしそうな悪寒です。

また、今月は、SVJENのWeb強化月間キャンペーン(自分的に)にもなっています。前任者からWeb編集長を引き継いで2ヶ月ちょっと(確か)経つのですが、レギュラーの更新やイベントの助っ人に借り出されることが続いていたので。作業の標準化・省力化しないと、こりゃいつまでたっても楽にならんぞ、ということに気が付き、BPRも含めて検討したいなと思っております。

そんなわけで(既に事実上突入してはいるんですが、)Blogは一ヶ月程度「開店休業」とさせていただきます。気が向けばなんか更新するかもしれないので、完全休業とは言いませんが、充電期間ということでご容赦ください。

留守中も多くの方々のご訪問を頂き、この場をお借りして感謝申し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。