【告知】SVJEN 第4回起業家トーク 6月3日開催!!
修行時代 ~ 私のアフター5

"ギャル" な英語

今日はベト麺で久々にまずまず美味しい店に出会えました。ほくほく。レポートは明日かなぁ。

----

ギャルって単語を使うと、どーも自分がオジサンになった気がして落ち着かないですが、それはさておき。

英語って一言で言っても、喋る人によっては、ぜんぜん違うんだなーとこのごろ感じたエピソード、とりわけ "ギャル"っぽい英語について二つほど。


  • 語尾上げ

    こちらでついている英会話の先生に指摘を受けたのですが、私の英語は、文末(というか語尾)がたびたび上がるのだそうです。語尾上げ、というと、日本では若い女性の話し方の特徴と言われているかと思いますが、アメリカでも同じだそうです。ついでに、女性同士はあまり気にしないが年上の男性から見ると苛つくこともある、ビジネスの場面ではプロフェッショナルらしさが損なわれるので避けたほうが良い(子供っぽい、自信なさげに聞こえる)、というのも同じようです。私の場合、自信がないのは、話の内容というよりは、英語そのものや「行動規範」(こういう場面ではどう振舞うべきか)が分からないのが大きな要因かもしれないな、と自己分析しています。
  • "みたいな~"の多用

    英語では "like" "kind of" 等がそれに該当するようです。映画・Legally Bronde を観て「幾ら何でもこれは誇張しすぎでは」と思ったんですが(主人公は「典型的な西海岸の女の子」として描かれている)、Britney Spearsのインタビューを聞いて、「そうかアレは誇張ではなかったんだ…」と思ったのでした。

いずれにせよ、日本での "ギャル言葉" に対して大人があまり良い顔をしないのと同様、アメリカでも、特にビジネスの場面ではできれば "ギャル" な英語は避けたほうがベターであるのは確かのようです。

逆に言うと、アメリカで "こいつ、ギャルだ" と思わせたい場合は、上記の特徴を強調するとよいかもしれません。ただ、やりすぎてて、それがポイントを外してしまった場合カッコ悪いので、ギャル英語に自信のある人に限られるのでしょうか。

#今日は小ネタでした。

Comments

The comments to this entry are closed.