帰郷
Holidays in Tokyo

Microsoft帝国のゆくえ

Microsoft's Midlife Crisis
http://www.businessweek.com/magazine/content/04_16/b3879001_mz001.htm

Microsoftはどこまで大きくなるのか?死角はあるのか?あるとすれば、それはどこか?と、先日来気になっていたのですが、早速BusinessWeekでMicrosoft特集が組まれたので、メモしておきます。

まずは、その巨人っぷりを示すデータを幾つか挙げますと、


  • 90年代の売上高成長率:平均36%
  • マーケットバリュエーションは世界No. 2 (ちなみにNo. 1はGE)
  • 毎月$1Billionのキャッシュを稼ぎ出す

だそうです。99年には、ダウ工業株三十種平均に選ばれるなど、ハイテク業界のリーディングカンパニーであるだけではなく、名実共に今日のアメリカを代表する企業の一つにもなっています。

そんなMicrosoftが今直面している危機とは?

Threats abound: Linux. European trustbusters. Key product delays.

とのこと。Linuxの話や独禁法の話(あんまりBusinessWeekの記事には詳しく書かれていない)は既に何度かこのblogでも取り上げていますが、次期OS・Longhornについては、これまであんまり意識して調べたことがなかったので、私にとっては興味深かったです。

また、売上も、今後は90年代のように30%台というのは見込めず、今後数年間は11%(ベストケース)、2006年までは8%程度と予測されているとのことです。次期OS・Longhornの発売が早くて2006年後半だと言われ、主要な大型製品(Office等)もOSの発売時期に歩調をあわせると見られるため、特に2006年までは低成長が予想されているのだと思われます。

All this has Wall Street's best and brightest penciling in estimates for Microsoft that would have been an insult a few years back. Never mind 30%, or even 20% revenue growth. The optimistic forecast is for 11% growth over the next few years, shown here as the best-case scenario (charts). The Wall Street consensus is that the company will boost revenues 8% a year through 2006, according to Thomson First Call.

Microsoftの開発力・技術力が凄いという話は、その筋(?)の方からはよく聞くのですが、具体的な内容についてはここで触れるのは避けておきます。同社が今力を入れていること、これから力を入れて取組むことはというと、

A look down The List provides intriguing insight into Microsoft's concept of innovation. The company pours about $6 billion a year into research and development, and the vast majority of that goes to improve its monopoly businesses, Windows and Office. In the past, it developed ClearType technology for high-resolution text displays and grammar checking that identifies errors as people write with its word-processing software. Gates's work now on security and search also will be baked into Microsoft's most popular software.

研究開発費$6Billionの大半はコア製品であるWindowsとOfficeにつぎ込まれているそうですが、中でも、今最もホットなのはセキュリティとサーチだそうです。記事では、この他に、テレコム(VoIPとか?)も注力分野の一つであると書かれていました。

同社の屋台骨であるWindowsとOfficeの利益率に関しては、あちこちで色々言われていますが、決してマーケットリーダーの地位に安住することなく、常に改善を目指しているという姿勢は、その巨額の研究開発費にも現れているとも言えます。Gates自身も、自社のビジネスについて、以下のように語っています。

"You can sit on the existing [products] -- that's a perfectly legitimate choice. This is not a soft drink where you get thirsty and say, 'I drank my word processor. Let's have another."'

ソフトドリンクのように、顧客が喉が渇くたびに新規の需要が発生するわけでないので、「買う理由」を作らなければいけないというのがソフトウェアの特徴である、と。

同社は顧客が新しい商品を「買う理由」を作り出すことにこれまでは成功して来た、と、過去の高い成長率からも言えると思いますが、Longhornを市場へ送り出すに当たっては、相当の産みの苦しみを味わっているようです。

The most important change is to the file system -- the way information is stored on the PC. Microsoft is creating a new design not just for Windows but for all of its products that makes it easier to retrieve photos, documents, songs, and e-mail. (中略)Microsoft is cutting some of the most ambitious technologies to get the product out the door. For example, Longhorn will now ship with a scaled-back version of the file system. The current plan, in practical terms, means people will be able to search their PCs for documents and information related to each other, but they won't be able to reach into corporate servers for similar files.

ファイルを保存・検索しやすくする新しいファイルシステムを採用する予定だったそうですが、開発が大幅に遅れている(Gartnerの当初予測より3年延びており、市場に出るのは早くて2006年後半とのこと)ので、ファイルシステムに関しては現状維持となるようです。

同社が、95年・98年・2000年・2002年と次々OSを送り出してきたことを考えると、4年間のインターバルは、次期OSが相当なチャレンジに直面していることを示しているのでしょう。

巨人の苦悩は更に続きます。

The U.S. PC market is largely mature, so Microsoft has moved into new businesses. But these categories, such as online services and video-game consoles, already are dominated by large rivals -- and they know Microsoft's tactics. So instead of opening new frontiers, Microsoft finds itself in pitched battles for existing territory. "Microsoft is the only company in the world that can afford to take fortified hills -- and that's almost a disadvantage," says Richard E. Belluzzo, ex-Microsoft president and now CEO of data-storage player Quantum Corp. (DSS ). "They have too much money, too many good people, too much time -- all of which can hurt [them] in some ways."

お金と才能ある人、そして時間が有り余っていること-なんとも「贅沢な悩み」ですが、これらは殆どディスアドバンテージである、というのは興味深い指摘でした。

サーチのGoogle, オンライン音楽販売ではApple, ビジネスアプリケーション分野ではSalesforce.com等のライバルも多いこと、Linuxが企業ユーザにヒタヒタと着実に採用され始めている(記事には事例も出ていました)ことなど、巨人の行く手を阻む勢力は存在します。Microsoftはこれからどこへ行くのか、Longhorn発売までの2年半に一体市場はどうなるのか、興味は尽きません。

Comments

The comments to this entry are closed.