シリコンバレーの伝説
書きあぐねている人のためのblog入門

私がblogを書く理由

理論的には、世界中の人が自由に見れるところに、実名で文章を継続的に投稿し続けるという営みを、生まれて初めて、半年続けたことになります。

こういうことを長年続けている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、私が今、痛切に感じているのは、

「誰かが書いたものを読む、ということは、単なる情報の共有以上のものである」

ということです。

blogを始めた当初は、これまでは”サイト間のリンク”みたいな、比較的静的な繋がりだったWebの世界が、blogのような小さい断片的な情報がダイナミックに繋がりを見せていることに魅せられたのですが、

繋がっているのは、情報ではなくて、人ではないのか?

と、最近は感じるようになりました。

世の中には、頭の良い人も、文章の上手い人もたくさんいます。
文章以外のところで有名な人-大きな事業を成功させたとか、リアルの世界で一流のトラックレコードを持っている人もいます。
有名な人の文章をみんなが読むのは、「あの人が何を語るのかに興味がある」からですし、
大学教授の書いた論文を読むのは「その分野での最先端・一流の研究成果を知りたい」からでしょう。
アカデミックの世界での評価基準のように「ハイインパクト」よく引用されるblog、というのも、それはそれで一つの価値です。

では、有名でもなければ、名だたるトラックレコードもない私のblogに「繋がって」くれた人たちは、どう感じたんだろう?

ということが気になって、考えてみたのですが、

ネットという情報の海を漂う人たちは、ただの「情報」が欲しいのではなくて、それを書いている「人」との繋がりを意識・無意識に求めているのではないか、と。

blogの「繋がりやすさ」を示す一つの考え方として、「ツッコミビリティ」という言葉があります。
「論理的な筋道が明快で、書き手の主張が明確なほど突っ込みが入れやすい」
という洞察だそうで、とても興味深い事象だと思うのですが、これに加えて、「繋がりやすさ」には、

そこに書き手がいるかどうか。
書き手の思いに対して「共感」できるかどうか。

表現がうまいかどうか、提供している情報のValueが高いかどうかだけでなく、
書いている人の気持ちに「そうだよねぇ」と相槌を打ちたくなるかどうか、話し掛けたくなるかどうか、
もっと突き詰めて言えば、
「その人と友達になりたい、繋がりたい、と思うかどうか」
人の心にある、この壁を超えられるかどうか、というのが、とても重要なファクターなのではないか、という気がしています。

「人の心を動かす」には、論理的に相手を納得させるだけでは足りない。
言い換えれば、「理解」に加えて「共感」があるからこそ人は繋がる のだ、とも言えるのではないでしょうか。

私がこのblogを始めた理由は、「この先、この世の中がどうなっていくのか(そして自分はどうしたいのか、どうすべきなのか)」という大きなテーマに対して、自分なりの問い・答えのようなものを探していく過程を書きとめておくためだと、これまで思ってきたのですが、それをわざわざ世間に公開しているのは、

自ら声を上げなければ、誰からも意見を求められない立場。
言いたいことがあってもうまく表現できない外国で。
自分の意見には、何の価値もないのではないか?

そんな自分に対してあせりや苛立ちを感じていたからだったのだろう、と今になって思います。

「死んでしまったら私のことなんか誰も話さない」

というタイトルは、

「もしかして、生きている今だって、私のことなんか誰も話さないかもしれない」

と不安に思う自分を鼓舞し、

「大丈夫。生きている以上、私の存在にはきっと意義がある。死んでしまってからでは何も変えられない。変えられるのは、これからの自分だけ。」

と言い聞かせるためのおまじないだったのだろうな、と。

表現に対する渇望感から誕生したこのblogは、

私が私自身になろうとする戦いの記録

だと言い換えても良いかもしれません。もしくは「ささやかな反抗」かな。

とまぁ、こんなふうに、極めて個人的な動機でやってるblogですが、私の個人的な戦いの記録が、同じように戦おうとしている人たちにとって励みやヒントになったり、慰めになったり、時には共感しあったり突っ込み合ったりして、戦いの合間の憩いの場(…というとやっぱり飲み屋か)になれれば幸いです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

※ 山篭り宣言したにも拘らず、現実逃避で、ついこんなことをつらつら考えていたら、橋本大也さんの「Passion For The Future」で、ブログタイトルのネーミングで、「新しい」「優秀」な日本語でのネーミング例 として弊blogをご紹介いただいたことに気が付きました。あわわわ…。ありがとうございます。

※ 3/21追記: ちなみに、ネーミング自体は、同名のスペイン映画(私のお気に入りの映画の一つでもある)から借用?引用?しています。
http://www.sankei.co.jp/mov/review/97/0307nadiehablara.html

Comments

kwmr

kwmrといいます。
「繋がっているのは、情報ではなくて、人ではないのか?」
という言葉に反応してしまいました。

勤務先で、ブログ人というサービスの立ち上げに携わっています。
TypePadベースの日本語のブログサービスですが、そのコンセプト
がまさに「ひと」を中心にブログを考えようということでした。

可能性の中心としてブログをもう少し深めていきたいと考えていて
それを深めるためにも、当事者としてこのつながりに参加しようと、
それが、どうも私のブログを書かせた動機でしたが、今は微妙で..
まさに自分のために書いている気もしていました。

貴重な言葉の数々、いつもありがとうございます。


月末のサービスインが近づいて、ブログの更新も滞りがちなんですけれでども...

hiroc

> そこに書き手がいるかどうか。
> 書き手の思いに対して「共感」できるかどうか。

という部分に強く共感します。

僕が、Tomomiさんのところを含めて他の方のblogを覗きにいくのは、書かれている「内容」への興味もさることながら書いている「人自身」への興味・関心が強いからだと思います。

もっと言えば、「思いを共感できる人」の体験・知見をとりいれさせてもらい、自己拡張・自己成長したいってことなんでしょう。
#乗っかられる方はたまったもんじゃないかもしれませんが。(^^;

自らblogを書く行為は、第一義的には自分のためにやっていることであっても、副次的には自ら得た何かを「思いを共感できる誰か」に還元していこうってことなのかもしれませんね。

jesus

下らない質問なんですが
「ブログのタイトルは同名映画から引用されたのか?」と思ったのですが?
http://www.sankei.co.jp/mov/review/97/0307nadiehablara.html

初めて覗かせて頂きましたが文面に力を感じます。
これからも頑張ってください。

Tomomi

いまちょっと仕事忙しいのでまとめてレスでスイマセン。

> kwmrさん

月末サービスインですか~!
いま一番忙しいところですよね。そんな時にコメント、ありがとうございます。
こんなblogですが、ちょっと励ましになったみたいで嬉しいです。
blog拝読しましたが、私も(気持ちとしては。文面にそれが出てるかどうかはイマイチ自信がないですが)異常なことより、普通の人の普通の出来事の中に素敵なものがたくさんある、というのにはとっても賛成です。

> hirocさん

「情けは人のためならず」というように、こうしてフィードバックを頂けるのがbloggerとしてはいちばん励みになりますね。
私自身、不精モノ&小心者なので、あんまり他の人のblogにまで積極的に書込みをしないので、こうして反応していただけるだけでも「やってて良かった!」って思ってます(笑)

> jesusさん

http://shimizu.typepad.com/vietmenlover/2004/02/is_the_job_mark.html

タイトル由来は、ついこないだ別エントリに書いたばっかりだったので「何度もしつこく書くのもナァ」と思ってつい省いちゃってましたが、エントリのほうにも追記しておきました。ご指摘ありがとうございます。

The comments to this entry are closed.