Previous month:
January 2004
Next month:
March 2004

イノベーションを阻害するもの

※2月4日 若干修正してます。

今日は(も?)課題提起のみですが、「イノベーションはどうして難しいのか」について、思うところを書いておきます。

ピーター・キーンは、業務担当の管理職とIT担当責任者の間で交わされる平均的な会話は、お互いに独白をしているようなもので、意思の疎通を欠いていると述べている。業務担当の管理職とIT担当責任者がとんちんかんなことを言い合い、しかもお互いに専門用語を使うため、不毛な会話を交わすのを目撃した人は多いだろう。IT担当責任者は、ビジネスの本質についても理解する必要がある。つまり、IT担当責任者は、ITの知識だけでなく、企業のビジネスの問題や方向性についても熟知していなければならない。一方、業務担当の管理職は、自社のIT能力について、熟慮した上で意思決定をする責任がある。双方が歩み寄るように努力することによってのみ、コミュニケーションが円滑になり、IT投資は成功するのである。 (ITポートフォリオ戦略論

今はアメリカでリサーチャーみたいな肩書きが付いているのでR&D系とたまに間違われますが、私は元々、文系出身ということもあって、技術に対する思い入れはそれほど強くありません。「技術は顧客の課題を解決する手段に過ぎない」というぐらいの現場派で、クライアントと机を並べて仕事をしているときが一番アイディアも沸く、というタイプです。とは言え、ものをつくる技術者の匠の技に対しては(自分にはないだけに)尊敬の念は持っています。

しかしながら、R&Dや技術畑の人にありがちなのは、顧客の困り具合よりも自分がつくりたいモノをつくるのが優先、もっとハッキリ言ってしまえば、顧客の悩みが本当に解決するかは二の次、技術的に新しくて面白いことをやりたい、というスタンスだと思うのです。ITポートフォリオ戦略論を引用するまでもなく、IT関連の仕事に携わった方なら、一度くらいは顧客と技術者のギャップを感じたことがあるのではないでしょうか。

人間、やりたいことをやるときが一番パフォーマンスが上がりますし、自分の仕事に対する拘りは多かれ少なかれ誰でもあります。ですので、技術的な新奇性にこだわる気持ちがいちがいに悪いとも言えません。しかし、会社は、顧客からお金を貰ってナンボのものです。


  • どうすればR&Dの打率を上げることができるのか。
  • どうすれば技術者のつくりたいモノと顧客の困り具合の間に横たわる暗くて深い溝を埋められるのか。

私はSIer勤務、しかも業務アプリケーションの現場育ちなので、顧客が求めているのは新しいとか面白いではなく、誰がどういう価値を提供してくれるのかに尽きる、と思っていました。しかし、実際にインプリするのは外資系のパッケージベンダの製品であることが多く、一体彼らはどうやってコンセプトを顧客のニーズの前に製品化しているんだろうか、と、思っていました。

そんなわけで、当面は、上記に挙げたような課題意識のもとに勉強して行きたいと思います。(時々脱線したり脇に逸れたりもするかとは思いますが)

ちなみに、これに関連して読んでいる本は、

クレイトン・クリステンセン「イノベーションへの解」
R・M・カンター他 編「イノベーション経営」
野中郁次郎他 著「イノベーション・カンパニー」
Boutellier他 著 "Managing Global Innovation"

という感じです。