« On Vox: 遠方より朋来る | Main | ハチミツとクローバー »

August 13, 2006

Comments

kush

>・・・それにしても、書けば書くほどオタク臭が漂う。でも一体私は何のオタクなんだろう。

に爆笑しました。その気分よくわかります。

わたしの場合、スキンケア&メイクアップは自分流がある程度確立しつつあるんですけど、足まわりがダメダメなんですよね。。
Tomomiさん同様大荷物なのに、華奢なヒール履いてるので「もう1歩も歩けません」な気分になること多し。参考にさせていただきます。

AHA配合のせっけんは一時流行ったものの、油分・角質を取りすぎることがあるようなので、使い過ぎにはご注意くださいねー。

黄昏

椿油は私も利用しています。エビちゃんCMでANESSAを
買っても塗ると肌荒れして使えない私にとって、ラップは
髪とともに頭皮を守るケアも兼ねています。とりあえず
(?)、私のお勧めは以下のとおり。
1. WELEDA
http://www.weleda.jp/product/index.shtml

WELEDAは直輸入すると格安で手に入るので、
お勧めです。

2. Obagi C5n
http://www.obagi.co.jp/lineup/obagic/index.html

Tomomi

kushさん、
いやいやいや。。。
その美貌と脚線美、私のほうこそ見習わせていただきたいです。。。。
私は割と童顔で背が低いのですが、仕事では男性とチームを組むことが多いので、「きちんと仕事しそうに見える」「男性と同じペースで歩ける」「それでも疲れない」という条件を満たしているのでカルミナを気に入っています。ヒール低め・デザインはコンサバなので、しゃんとした服装に合うと思います。あとはとにかく、足に合うことですよねー。早く「運命の靴」と出会われるといいですね!

黄昏さん、
おお、ここにも椿油愛用者が。。。私は意外と?肌は丈夫らしく、化粧品でかぶれたり皮が剥けたりの経験がないんですが(食べ物とかもほぼ何でも大丈夫)やはり無添加・優しい系には惹かれますね。オバジは最近ドラッグストアとかでも話題になっているので、ちょっと気になっていました。ビタミンC、試してみます!WELEDAも可愛いですね。

kush

>仕事では男性とチームを組むことが多いので、「きちんと仕事しそうに見える」「男性と同じペースで歩ける」

ここのところ、似てるようで違っていて面白いな、と思いました。
わたしの場合、男性を相手に仕事をすることが多いので、こう見せようという意味では、個性を際立たせる狙いで、非コンサバな服装=女性らしい服装になってます。蝶のように舞い蜂のように刺す、が理想! この辺りはその人の個性によるので、同僚の女性では逆に「スカートは履かない(女性を強調しない)」という人もいました。ちなみに、活動自体は個人もしくは少人数なので、歩くペースは合わせさせます!(笑)

Tomomi

職種の違い、仕事に対するアプローチの違いなんでしょうねえ。確かに面白い!

私はチームワーク命のSIerだからかもしれないのですが、チームメイトだけでなく、まずはお客様とも「同志」になって、心を開いてもらって、本音を打ち明けてもらえる間柄になることを重視しているかもしれません。
勿論、男性と全く同じアプローチではダメで、女だから言えること・女だから言いづらいこと もあるのですが。バシバシ真剣に言い合いもして、その後に「でも、あなたのこと、私はちゃんと分かってるからね」「頼りにしてます」と"チラリ"女の優しさで落とすというのが、私の攻め方かも(笑

男です

日本の女性は厚化粧すると美しい。
化粧してきれいになるなど、日本の隠す文化の伝統的文脈。

世界のきれいな女性は化粧などしなくても、きれいです。

そもそも、スッピンできれいじゃないのに、化けてきれいになっても

「ハァー」って言うのが、男の本音。

企業のCMによる見せ掛けの底上げに気がついた方がいい。。

コーカソイド系(インド以西)の女性の綺麗層の厚いこと。

日本人女性の比ではない。

日本の男も覚醒し始めている。

嘘で固めた「厚化粧で日本の女性はきれい」などと。。。

The comments to this entry are closed.

January 2010

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Photo Albums

Blog powered by Typepad