« PC製造業にみるバリューチェーンの変化と海外アウトソーシング | Main | SMB Buying Behavior and Channel Preference »

January 30, 2005

Comments

黄昏

おもしろい記事でした。

ソフトウェアはシステムの共通部分のコモディティ
化と考えると、ソフトウェア産業が未成熟な日本は
ITではコモディティ化するのが苦手なのでしょう。
#車なんかは大量生産しているわけですから。
その意味で、日本のIT産業が発展途上国並み、とい
う指摘は同意します。

CMMIの信頼性やインド/中国の能力比較に関しては
コメントは控えます。ポイントを指摘すると「ソフト
ウェア」と「システム」の違いがあります。

先にアウトソース先となったインドがソフトウェア
アウトソース先となり、後発の中国がシステムの受注
を受けているのが現状ではないでしょうか?アウトソ
ースは米国で始まり、米国ではソフトウェアがシステ
ムより需要が多いので、ソフトウェア会社からアウト
ソース戦略が始まったと思われるので。

基本的にシステムの方がソフトウェアよりも「動き続
ける」プログラムを書かなければならないので、厳し
い環境にあります。要するに、システムの仕事の方が
よりタフなので、他の活動(CMMI取得など)はできない
事実があります。

とりあえず、エンジニアの視点からコメントしました。
アウトソースとしての受注内容/形態が何か、詳しく知
りたいですね。

それでは。

Tomomi

黄昏さん、ご無沙汰しております。
「ソフトウェア」と「システム」という論点のご提示、ありがとうございました。

アウトソーサーとしてのインドと中国を見た場合、発注先である国も違うのかもしれませんね。
例えば、アメリカから発注する場合は圧倒的に英語圏であるインドが多いでしょうし。

個人的には、反日感情が高まっている中国、IT産業はどちらへ向かっていくんだろうというのが気になっています。
ソフトウェアなのかシステムなのか。

DanielLeann20

I propose not to hold off until you earn enough amount of cash to order goods! You can just get the credit loans or auto loan and feel yourself comfortable

The comments to this entry are closed.

January 2010

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Photo Albums

Blog powered by Typepad